家にある意外と高く売れるものは?売ると高いもの・高価なもの・金になるもの総まとめ!

えっ!?小学生の時集めてたシールが30万円になるの?実家においてあるゲームソフトが15万円で売れるの?壊れて部品の無いプラモをまとめて売れば10万円になるの?

家にあるものを断捨離するだけでお金になったら嬉しいですよね。今回は「家にある意外と高く売れるもの」、「売ると高いもの・高価なもの・金になるもの」について解説します。

私自身、古物商を生業にしていた経験があり、また、友人の古物商に弟子入りしていたこともありました。

友人の元、遺品整理・倉庫・納屋の片づけ等々で様々なアッと驚くモノを安く仕入れ、ヤフオク等で高値で売っているのを数えきれないほど見てきました。

その経験を踏まえた、「家にある意外と高く売れるものは?売ると高いもの・高価なもの・金になるもの総まとめ」になっています。

サルパパ

家にある意外と高く売れるものとどこで売るのが良いのかの考察。

ゲーム機

ヤフオクで高額で落札されているゲーム機
聞いたことの無いようなマニアックそうなゲーム機は、高値で売れることがあることが見て取れます。ざざっと見てると、NEO GEO(ネオジオ)などはそこそこ知名度ありますけど、もし、家に残ってるなら高価で売れる可能性ありますね。

レアではないゲーム機も、動作確認、商品の状態等、事細かにしっかりと伝えることが出来るのであれば、ヤフオクでトラブルのリスク低く、それなりの価格で売ることが出来ます。

ゲームソフト

ヤフオクで高額で落札されているゲームソフト

思わぬお宝ソフトが家に眠っている可能性も…。

まとめて売っている人も多いですが、びっくりするくらい高額で取引されているケースも…。面倒くさいならそれも出品方法としてはありですね。なぜ高額なのか…

まとめ売りで高額となっているゲームソフト

  • まとめて売る側は、断捨離目的半分で…業者からするとばら売りすればきっちり利益を出せるからと仕入れとして落札している。
  • 大量のソフトの中に思わぬお宝ソフトが混じっている。

などの可能性を考えることが出来ます。

古本・古雑誌

要らなくなってしまい、資源ごみに出してしまったり、某リサイクルショップにまとめて持ち込んでしまうことが多い古本・古雑誌の中にも思わぬお宝ある場合があります。

高値で取引されている古本・古雑誌

ディアゴスティーニ、アシェット系

ディアゴスティーニなど、全部揃えてはじめて何かが完成する…というアイテムは、高値で取引されるケースが多いです。

  • 買い忘れていた号があって何が何でも手に入れたい。
  • あの時は貧乏で手が出せなかったけど…今なら…いくらでも出すから欲しい。

などの要望は常にあるものです。中途半端に購入して眠らせてあるディアゴスティーニ系があれば、ヤフオクで出品してみると思いのほか高値が付く場合も…。

高値で取引されているディアゴスティーニ、アシェット系

企画により人気・不人気ありますが、このように「途中で挫折してしまった商品」や、「何号のどのパーツなど詳細の説明なしにバラバラと集めただけの訳あり、ジャンクの商品」にも高値がついています。

カード・シールなど

世代により夢中になったモノに違いはあるでしょうが、「ビックリマン」、「遊戯王」、「バディファイト」等々、レアなカード・シールはいくら出してもいいから欲しいというニーズがあります。

高値で取引されている「ビックリマン」、「遊戯王」、「バディファイト」

コレクターの熱量が凄いですね…。バディファイトはまだまだこれからですね。今の子供たちが大人になったら熱いでしょうね。

息子には、綺麗な状態で大事に保管しておくように言ってあります(笑)

ビックリマンや遊戯王のレアカードは、それ専門で勉強して生業にしたり、資産の一つとして計算に入れてもいいレベルですね…。

(ファンの高齢化が進むことでニーズが減り、その影響で価値が下がることを想定しておく必要はあるでしょうけどね。)

アニメグッズ、限定品、フィギュア等々

高値で取引されているアニメグッズ、限定品、フィギュア

ワンピース、ドラゴンボール、スターウォーズなど、熱狂的なファンのいるところのグッズはかなり熱いです。

また、フィギュアとは言えないかもしれませんけど、キン肉マンの消しゴム(キン消し)にも高価で取引されているものがあります。

ざっと見た限りでは、当時モノのサザンクロスという超人のキン消しなんかはそれ1体で30万円くらいでヤフオクで落札されてました。

アイドル、タレントグッズ、限定品

高値で取引されているアイドル、タレントグッズ、限定品

非売品のポスター、古い雑誌、テレホンカードなどの中に、お宝が混じっていることがあります。

英会話教材

高く売れるもの(英会話教材)

大人の英会話教材から子供の英会話教材まで。特に子供向けの英会話教材は、

  • 贈り物として高価な英会話教材をプレゼント…
  • 子供の教育のためならいくらでも払うという親…

市場自体が熱い市場と言えます。そして、

  • その英語教材をどれだけの人が最後までやり切るのか…
  • 高いけど欲しい英語教材…ひょっとして中古なら安く買えるのでは?

購入者のニーズも高いことが想像できます。

非売品系

高く売れるもの(非売品系)

何でももらえるものはもらっておいて、しばらく寝かせておくとお宝に大変身する場合がありますね。

高く売れるもの(服)
やはりブランド服は、中古品でもそれ相応の高額で取引されています。

誰も着ない、おじいちゃん、おばあちゃんが大切にしていた数十年も前の型のブランド服など、結構な額になることがあります。

また、スーツも、サイズのことなど気になるかもしれませんが、それなりに取引がありますので、押し入れに眠っている若かりし頃のブランドのスーツはチャレンジしてみても良いかもしれません。

ベビー服も、まとめて売ってそこそこの金額になっている出品も見ることが出来ます。まとめて売る際も、ブランド服などがあるなら、キチンと商品紹介にてアピールしておいた方が落札額が上がります。

お皿(お皿セット)

高く売れるもの(お皿)

バザーなどでタダ同然で購入して押し入れに眠っている皿が驚くような値段に…なんてこともあるかもしれません。インターネットが普及していない時代は、素人はモノの価値を簡単に調べることが出来ませんでしたしね…。

5番目の古いお皿6枚セットは、ひびがはいっているものもあり、明らかにボロボロな皿ですが、入札39件で15,000円で落札されています。知る人ぞ知る価値ある品だったということなのでしょう。

なんでも出品してみないとわからないものですね。

ギター・ピアノなど楽器類

高く売れるもの(ギター・ピアノなど楽器類)

楽器は元々の値段が高いものは、やはりそれ相応の高値で取引されています。ジャンクでも、ものによっては高値です。

また、ピアノは、処分したいと思ってるなら、ヤフオクに落札者負担で出品したほうが、まとまったお金は入ってくるし、処分料金は無料だしで超お得です。

腕時計

高く売れるもの(腕時計)

腕時計は高く売れるかも?の定番アイテムですね。ブランド、型、ニーズにより価格はピンキリ。

購入する際も、売る時のことまで考えて購入すると、得できます。

アクセサリー、宝石、ネックレス、ダイヤ・金・プラチナ、貴金属など

高く売れるもの(アクセサリー、宝石、ネックレス、ダイヤ・金・プラチナ、貴金属など)

これらも高価と言えばの象徴的アイテムですね。商品そのものとしての価値を考慮して取引される場合もありますが、そうではなく、資源価値を考慮して取引される場合もあります。

金グラムいくら…みたいな形で値段が決定される場合は、後者ですね。

毛皮

高く売れるもの(毛皮)

毛皮プラスブランドとなるとかなりの高額。毛皮のみでもそれなりに高価で取引されています。

お酒

高く売れるもの(お酒)

お酒の世界もかなり熱い世界です。

昭和レトロなモノ

高く売れるもの(昭和レトロなモノ)

倉庫の中に、埃かぶって放置されているもので、「こんなものがこんな価格で!?」という可能性・夢があるカテゴリですね。

昔のおもちゃ

高く売れるもの(昔のおもちゃ)

ブリキのおもちゃや超合金などは、高価で取引されているものが多数。壊れたおもちゃでもかなりの高額になることがあります。

また、ラジコン、ミニ四駆、ゾイドなど、大人になってから再び趣味に熱を入れだす人が一定数いますので、このあたりも熱いカテゴリ。

写真一番下のゾイドは、部品が欠品しているのに6万2千円で落札されています。

家にある壊れたラジコン、ミニ四駆、ゾイドなどを…「ゾイドだけをまとめて(ジャンク)」みたいな形で出品しても数万円にはなるでしょう。

スポーツ用品

高く売れるもの(スポーツ用品)

ゴルフクラブ、サーフボード、スノーボードなどは、元々高価なモノも多く、押し入れに眠っていて何年も使っていないなら、出品してお小遣いにするのもありですね。

グローブ、テニスラケットなど他にもスポーツ用品は色々ありますが、どれもそれなりの値段で落札されていきます。

切手

高く売れるもの(切手)

切手は、ビックリマンシールなどよりも前からあるコレクター魂に火がついてしまうアイテムの一つ。家族が集めていた切手がびっくりするような高値で…ということも…。

家電系

高く売れるもの(家電系)

ブルーレイプレイヤー、高級オーディオ、パソコン、スマホ、なども元々高価なものが多いので、中古・ジャンクでも結構な高値で取引されることが多いです。

美容機器

高く売れるもの(美容機器)

美顔器、脱毛器なども元値がそこそこしますので、中古でもそこそこ高く売れます。

カメラ

高く売れるもの(カメラ)

ビッグカメラのように、家電量販店の名前に入っていたりすることもあるカメラ…その購買の潜在能力は凄いです…私が古物商で扱っていた時は、普通に民家で見せてもらったカメラはほぼほぼ、高値で売れるようなカメラには出会えませんでしたが…。

バイク、車

高く売れるもの(バイク、車)

私が古物商していた時、バイクの買取はよくやっていましたが、その際、チューンナップして要らなくなった純正のパーツを「要らないから持っていってよ。」と言われることがありました。

中には、そこそこの値段でヤフオクで落札されたものもありました。

バイク、車…そのものが高額で取引されるのは当然ですが、それに付随するパーツにも注目ですね。

骨董品・絵画

高く売れるもの(骨董品・絵画)

骨董品・絵画などは、幅が広すぎてガチの鑑定士じゃないと難しいですよね。

私も含め、知識の無い人間は、もしかしたら…と思ったら、手放しても良い商品なのであれば、ヤフオクに出品して価値を測ってみるのもいいかもしれません。

ブランド品

高く売れるもの(ブランド品)

流石に中古品でも元値が高い物はそれ相応の高値で取引されています。

着物

高く売れるもの(着物)

着物も骨董品などと同じように幅が広すぎて、難しいですね…。出品すること自体、スペックを調べるのは大変だし…業者に現物を見てもらうのが一番ですね…。

古銭・記念硬貨

高く売れるもの(古銭・記念硬貨)

古銭・記念硬貨は、コレクターがうごめいている熱い世界と言えます。

記念硬貨は、元々価値があるかもということで保管されているケースが多いですが、古銭は、旧家の蔵から思わぬお宝が…なんていうこともあるかもしれません。

ヤフオクで落札相場を調べる方法

以上、「家にある意外と高く売れるもの・売ると高いもの・高価なもの・金になるもの」について代表的なものを取り上げさせていただきました。

ここまでで取り上げさせていただいたモノ以外、あるいは、型番等々を踏まえ今、手元にあるモノの相場を知りたいという場合は、以下でヤフオクで落札相場を調べる方法を解説していますので参考に調べてみてください。

ヤフオクで落札相場を調べる方法

その高く売れるものをどうやって手に入れるの?

出品されるまでには、色々な出所を可能性とすることが出来ます。

  1. 今持っているもの。
  2. 実家にあるかもしれないもの。
  3. 親・おじいちゃんおばあちゃんが持っているかもしれないもの。
  4. 人から譲り受けることが出来そうなもの。
  5. フリマ、バザーなどで仕入れる。

特に、5.を楽しんで出来るようになると、儲けになる商品を頻繁に仕入れることが出来るようになります。

また、古物業者としてガチで活動するのであれば、例えば、

  • バイク買取を主とし、それは相場を意識してお互いの利益となる売買を、信用・信頼を得る。
  • バイク以外に関しては、バイクを見るのに入らせてもらった小屋で、不要なものをもらったり、格安で譲ってもらったりする。

と言った、割と理にかなったキレイな流れで、価値ある中古品を入手できたりします。

更に、それらの動作確認が出来たり、修理まで出来たりすると、手を加えて更に価格を上げて売ることが出来ます。

取り上げたアイテムをヤフオクで出品する際の注意点

  1. ブランド品、ブランドの腕時計などは、出どころがわからないものの場合、偽物である怖さがあります。
  2. 毛皮、お酒、刀剣等々に関しては、法律にも注意を払う必要があります。
  3. ガチで高価であると予想しているものを写真だけで判断されてしまうという不安感。本当はもっと価値あるんじゃないのか?という疑念の発生。

1.2.に関しては以下のリンクもご参照ください。

ヤフオクで出品するのはちょっと怖いというアイテムに関しては、ギリギリレベルで目いっぱい儲けるのは難しいかもしれませんが、業者に任せるのが無難で手堅い取引をすることができます。

メルカリ・ヤフオクで高価なモノを取引するのは怖い…という気持ち

引用元 メルカリとヤフオクの違いを比較!どっちがおすすめか?と取り組む前の不安・挫折ポイントを前もって解説!

メルカリ・ヤフオクを利用すれば、個人対個人で気軽に売買が出来るというメリットがあります。でも…その道のプロでないと、高額商品を扱うのは躊躇してしまいます。

私自身、古物商をしていた時、目利きなど全然できませんでしたので、高額な商品をヤフオクなどを使って、それ相応の価格で出品することはできませんでした。

  • もし、不要だからと格安で譲り受けたブランド品が偽物だったらどうしよう…。
  • 細かな傷がどうとかで揉めたらどうしよう…。どの傷・汚れが価格にどれくらい影響を及ぼすものなのかがわからない。
  • 滅多にないだろうけど、詐欺に遭遇したらどうしよう…数十万、数百万の取引だったら立ち直れないぞ…。
  • 商品の価値を十分に知らずに出品してしまい、大損したくない。
  • 車・バイクなどは、名義変更などが面倒くさい。
  • 骨董品・割れ物などは配送途中で割れてしまったら大変だ…。

などの思いがあったのです。

このような高額商品(車・バイク・着物・切手・毛皮・古銭・古紙幣・金・プラチナ・ダイヤモンド・宝石・ブランド品・ブランド服・時計・骨董品・お酒・金券などなど)は、十分な経験・知識なしに、メルカリ・ヤフオクを利用しての個人間売買はリスクが高いです。

そうではなく、多少中間マージンは抜かれるにしても、専門の買取業者に買ってもらうのはベターです。というか私はそうしてました。中途半端に欲をかくと痛い目に遭いますから。

とはいえ、こういった業者も儲けを出したいのは当然…。小さな業者の中には、「いかに上手に安く買い取るか?」に情熱を注いでいるところもあります。

そんな業者に任せてしまうと、中間マージンを多く取られてしまいます。そうならないためにはどうしたらいいか…?

高価買取をウリにしている全国的に有名な業者に依頼するという方法。このような業者の場合、査定には一律のルール・相場・マニュアルがありますので、イチ査定士が無茶な査定をしてくるリスクは低いです。そういうことをしてると、悪評が回って、グループ全体に悪影響が及びますので。

以上の理由から、高額な商品に関しては、メルカリ・ヤフオクを利用しての個人間売買はお勧めしません。

バイセルのような全国組織で有名な業者にまずは依頼してみることから始めるのが最も良い手段です。その商品に見合った価格で確実にキチンと買い取ってもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です