ライフカードは海外で使える?海外旅行保険はどう?要領の良い利用法を解説。

ライフカード

ページ更新日18.09.18

クレジットカードは海外旅行には必須って友達が言っていた。しかもライフカードがいいって・・・。

でも私の手元にあるのは通常の年会費無料のライフカード。

本当にこれが海外旅行に便利なカードだったらいいけど…どうなんだろう?

こんな人って案外いるのではないでしょうか?

と言う事で、ライフカードが海外旅行時に便利なクレジットカードなのかを検証して行きましょう。

また別のライフカードなら便利と言う事があれば紹介します。

キレママ

目次

ライフカードの海外キャッシング機能とは?

ライフカード

ライフカード(すべての)は、海外キャッシングは可能です。

海外キャッシングを行った場合には、初期設定で1回払いになっています。

支払方法は変更することが可能ですが、海外キャッシングの場合は「1回払い」か「リボルビング払い」となります。

またライフカードが、リボルビング払い専用で登録している場合には1回払いへ変更することはできません。

キャッシング枠が少ないと思った人は、海外旅行に行く前に「キャッシング利用可能額」の変更をしておきましょう。

ライフカードの国際ブランドは何!?

ライフカードは、メジャーな国際ブランドの「VISA」「JCB」「MasterCard」が選べます。

海外旅行に行くのであれば「VISA」が一番いいですが、VISA以外だったとしてもサブのカードとしては役に立つので特に問題はありません。

ちなみにMasterCardのカードデザインは、「Aタイプ」「Bタイプ」の2種類があります。

Aタイプは、他のブランドと同じデザイン(ライフカードロゴタイプ)の明るい青色で、Bタイプは(ブルーMasterCardタイプ)濃紺です。

もちろんカードの機能や利用方法に違いはありません。

ライフカードに海外旅行保険はついているの!?

残念ながら、年会費無料のライフカードには海外旅行保険はついておりません。

ただし学生専用ライフカードであれば、年会費無料でも海外旅行保険(国内はついていません)はついています。学生の人は、年会費無料なのに海外旅行保険が付帯していてかなりお得ですね。

有料のライフカードには、旅行保険(国内外)がついています。しかも利用付帯ではなく、自動付帯なので便利です。

有料のライフカード(ゴールド以外)は、傷害治療費用・疾病治療費用が各200万円補償されます。ゴールドカードは、傷害治療費用・疾病治療費用各300万円となります。

また携行品損害が20万円ついています(免責金額3000円)

当サイトは、クレジットカードについている保険ではなく、高額な医療費がかかる海外なので、ケチらずに保険加入することを薦めているので、クレジットカードの保険は重要視していません。

参照:初めての海外旅行。クレジットカードのおすすめは?そもそも必要なの?持って行った方が良い理由も解説。

ライフカードにショッピング保険はついているの!?

ショッピング保険とは、クレジットカードを使って買った商品が破損、盗難、火災などの損害を受けた場合に補償されるので、海外でショッピングするには合った方がいい保険です。

海外から荷物を送った場合に破損する可能性もあるし、壊れたものを買わされるケースも少なくありません。こういった事を考えると、海外でショッピングするには合った方がいい保険と言えます。

ただ海外旅行保険同様、無料のライフカードにはショッピング保険はついていません。

ショッピング保険に関しては、有料カードなら全部ついているというわけではございません。

ライフゴールドカード、龍馬カード、トッピングカード等にしかついておりません。

ライフカードでマイルは溜められるの!?

ライフカードには、LIFEサンクスポイント(1000円で1ポイント)が貯まる仕組みになっています。

300ポイントからANAマイルに交換することができます。

1ポイント2.5マイルなので、300ポイントで750マイルになります。

年間の利用金額によりポイントが最大2倍になります。

他にも誕生日月にはポイントが3倍になったり、決められた1年間の利用金額が50万円以上であれば300ポイントももらえるので、結果マイルが溜められることになります。

またポイントは最大で5年間有効(手続きが必要)になります。

ライフカードの海外旅行に関するサービスは!?

ライフカードは、海外旅行に関するお得なサービスを受けることができます。

事前に知っておけば海外旅行をより快適に過ごすことができます。

海外お土産宅配サービス

海外旅行に行けば、誰でもお土産を買うでしょう。

でも旅行先でスケジュールパンパンだったら、お土産って選ぶのも時間もないし、持って帰るのも大変だよね。

そんな時は海外お土産宅配サービスを使えば、旅行先で時間も無駄にならないし荷物も減って移動もラクチンだよ。

海外旅行に行く前の空いている時間に、カタログでお土産を選びインターネット等で注文するだけで自宅に届くのでとっても便利です。

更にお土産全品(送料除く)15%オフです!!

とっても便利なサービスなので使ってみてね~。

トラベルグッズレンタルサービス

たまにしか海外旅行に行かないよと言う人は、大きなスーツケースは邪魔だしもったいないよね。

そんなあなたに朗報!!

ライフカードならば15%オフでスーツケースもレンタルできちゃいます。

大きさも色々選べるので、滞在日数や旅行先に合わせてレンタルするサイズを変えることだってできちゃうよ。

色も種類も豊富なので、気分に合わせて変えることだって可能。

旅行サービス

大手旅行サービスを、割引した金額で申し込めます。

使う旅行会社によって割引額は違いますが、少しでもお得になるのだから使ってみるべきだと思います。

リロの旅デスクなら、最大で8%オフ。トラベルゲートなら、5%オフで利用できます。

海外アシスタンスサービス

海外旅行の時の疑問は誰に相談していいのか悩みますね。

そんな時日本語で相談できるところがあれば心強いですね。

ライフカードには「海外アシスタンスサービス」があります。

海外では世界主要都市20ヶ所に窓口があります。

どんなサービスがあるのかを紹介します。

交通機関、ツアー、ホテル、レストラン、ショッピング等の案内や、天気情報、習慣に関するアドバイスや通貨為替レートの案内もしてくれます。

その他にもパスポートの盗難や紛失時の手続き方法や、警察や保険会社への連絡方法なんかも案内してくれます。

日本語で対応してくれるので、上記にないことでも困ったことがあれば一度窓口に連絡するか、直接行けば何かしら解決への糸口が見つかる事でしょう。

ただし、現地時間で土日祝は休みになり、営業時間も基本的に平日の9時から17時なので営業時間外は下記のエマージェンシーライン(緊急サポート)に問い合わせましょう。

詳しくはコチラを見てね。

エマージェンシーライン(緊急サポート)

海外アシスタンスサービスの営業時間外や、海外アシスタンスサービスのない地域などでトラブルに見舞われた時の強い味方の緊急窓口のエマージェンシーラインがあります。

海外旅行時にありがちなカード紛失や盗難、パスポート紛失や盗難、トラベラーズチェック紛失や盗難があった時の手続き方法や連絡の代行をしてくれます。

24時間受付しており、日本語で対応してくれるので安心ですね。

学生専用ライフカードだけのサービス

学生専用ライフカードであれば、海外ショッピングで利用金額の5%がキャッシュバックされます。

学生にとっては、使ったお金が戻ってくるなんてかなり嬉しいことですね。

ライフカードで空港ラウンジは使えるの!?

やはり無料である通常のライフカードでは、空港ラウンジサービスは受けられません。

ライフカードでも、ゴールドカードだけが空港ラウンジが使えます。

もしあなたがライフゴールドカードを持っているならば、空港ラウンジサービスを活用しましょう。

ライフカードと海外旅行について。まとめ

通常のライフカードは、海外で使うとしたら「キャッシング」担当として持っていくのがオススメですね。

海外でショッピングをしてしまうと補償されないので、避けた方がいいでしょう。

その他に使えるアイテムとしては、海外アシスタンスサービスですね。

他社のクレジットカードにも似たような海外アシスタンスサービスがありますが、色々カードがあれば一番近いサービスを利用することが可能になるので、持って行って損はないでしょう。

ライフカードの海外旅行に関するQ&A

海外旅行から帰ってきてから、海外でクレジットカードが利用されているようです。自分自身もカードを使った記憶もないしどうしたらいいのでしょうか?

利用した覚えのない明細などあり、不正に利用された可能性がある場合は気づいた時にすぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。

ライフカードは、カードが盗難や紛失その他により、不正に利用された場合に(届け出日より)60日前に遡って不正使用された分を保障してくれるので安心できます。

60日も遡ってくれるので安心ですが、一日でも早く気づいて連絡しましょう。

またクレジットカードに記入するサインは、海外で不正に利用を防ぐために真似されにくい漢字で書く方がいいそうですよ。

もっているライフカードの暗証番号を忘れちゃった。明後日から海外旅行にいくのに・・・どうしたらいいの?

出発前に気づいてよかったですね。

ライフカードのLIFE-Web Deskに登録はしていますか?登録しているのであれば、ログインして「暗証番号の照会・変更」で暗証番号がわかります。

覚えずらい番号であれば、暗証番号を変更することも可能ですよ。

海外旅行時のキャッシングやショッピングには暗証番号が必要なので事前に家訓しておきましょう。

ライフカードを含むクレジットカードを3枚持って海外旅行に行く予定ですが、全部同じ場所に入れておいても大丈夫ですか?

盗難などのことを考えると、一か所に保管してしまうとそれを盗まれたらおしまいなので、小分けにしておいた方がいいでしょう。

またホテルに滞在中も念のためセーフティーボックスにしまっておきましょう。

巷では、セーフティーボックスの指紋を見て番号を解読するなんて方法もあるようなので、それを防ぐために全部のボタンに指紋を付けておくのがいいそうですよ。

もし海外旅行中に紛失や盗難にあった場合は、すぐにカード会社に連絡しましょう。

もしもの時の為に、事前にカード会社の電話番号をメモしておきましょう。

友達と初めての海外旅行に行きます。私も友人も通常のライフカードしか持っていません。他にどんなカードを作ったらいいですか?

ライフカードに不足しているものがあるクレジットカードがいいですね。

まずショッピング保険がついているクレジットカードを選びましょう。

無料のクレジットカードでショッピング保険がついているのは、三井住友カード(エブリプラス)やイオンカードがあります。

年会費無料だとショッピング保険がついているクレジットカードは少ないですね。

海外旅行保険は別で入ることをオススメしていますが、クレジットカードに付帯しているのがイイと言う人は2枚作るか、有料カードを作ることをオススメします。

年会費無料の楽天カードは海外旅行保険がついていますが、ショッピング保険はありません。

例えば三井住友(エブリプラス)カード、楽天カードを作ってライフカードと合わせれば3枚になるけど全部無料なので無駄な費用はかかりません。

海外旅行には複数枚クレジットカードを持って行った方がいいので、思い切って2枚作ってみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です