個人事業主向けクレジットカード。あなたに合うおすすめのクレジットカードはこれだ!!

ライフカードゴールドビジネス

ページ更新日19.03.28

個人事業主として事業を始める時には、まずは税務署に個人事業主として開業届を提出しますよね。

その他にも色々と準備も必要になるし、仕事用の銀行口座を開設したりしますね。

そんな時、仕事用にクレジットカードを作った方がいいのか?と悩む人もいるのではないでしょうか?

悩んでいるあなたの為に、個人事業主向けのクレジットカードのメリット・デメリットや選び方のポイントを紹介しますので、あなたに合うクレジットカードを見つけてください。

私の主人は脱サラして個人事業主、法人設立と勝手に話を進めていき、主人が私に丸投げしてきた経理を長年やっておりますので、経験談からくるわかりやすいアドバイスコンテンツになっていると自負してます。

キレママ

個人事業主は、ビジネスとプライベートのお金が混ざりやすい

個人事業主であっても事業を始めると、色々と経費がかかります。

もし今まで使っていたクレジットカードで仕事の経費を支払うと、プライベートで使用した分とビジネスで使用した分が混ざってしまうので仕訳に余計な時間がかかってしまいます。

またプライベートのお金と仕事のお金が混ざってしまうので、ビジネス用のお金の出入りが分かりにくくなりお金の管理がしにくいデメリットもあります。

個人事業主といえども事業ですから、プライベートとビジネスのお金はきっちり分けた方がいいです。

ですから、個人事業主になったら「プライベート用」と「ビジネス用」の口座やクレジットカードを分けて作り管理しましょう

個人事業主がクレジットカードを使うメリット

個人事業主の方は、一人か数人で事業を行われている人が多いのではないでしょうか?

少人数でやる上でやはり無駄な仕事は省きたいですよね。

経理を少しでも楽にする一つのツールとしてクレジットカードが存在します。

個人事業主がクレジットカードを使うと、利用明細があるので経費の使い道がとてもわかりやすいです。

クレジットカード利用明細を利用すれば、経費の管理の手間を省けます。

現金で経費を毎回支払うと、その都度現金出納帳に記入し、現金も毎回数えて間違いがないようにしなければなりません。

また領収書の管理や現金が足りなくなれば銀行に行ってお金をおろして・・・と経理は意外とやることが多いです。

そう考えると、経費の支払いの一部でもクレジットカードで支払いするだけで、経費の管理が少し楽になります。

あなた以外にも従業員がいるのであれば、従業員にクレジットカードを持たせれば従業員の立替精算も不要となり経理の手間も省けますよ。

またカード決済後支払いするまでには時間があるので、資金運用の効率化につながります。

インターネットで備品や消耗品を購入する際に、クレジットカードがあれば手間が省けます。

海外出張などに行くことがあれば、海外旅行損害保険や空港ラウンジサービスがついているクレジットカードにするとより便利なカードになります。

個人事業主がクレジットカードを使うデメリット

個人でクレジットカード作る場合は、年会費無料のクレジットカードが多数ありますが、個人事業主向けクレジットカードは年会費が有料の場合が多いです。

(ゴールドカードとかじゃない)一般カードであれば、比較的リーズナブル(1,000円から2,000円程度)な年会費で済み、経費計上もできます。

支払い方法が個人向けカードに比べると、個人事業主向けカードは限定される場合が多いです。

個人向けカードは、リボ払いや分割払いが出来るカードがほとんどですが、個人上主向けカードは一括払いしかできないというカードが多いです。

個人事業主向けクレジットカードの審査について

クレジットカードと言うのは、作ろうと思っても審査が通らなければ作ることができません。

一般的には個人でクレジットカードを作るためには、「信用取引をしても問題ない相手かどうか」と言う点で審査されます。

個人事業主がビジネス用のクレジットカードを作る時にはどういった基準で審査されるのでしょうか?

個人と同じで「信用取引ができる個人事業主なのか」という観点で見た時に、個人事業主の場合は「設立年数と業績」が審査に多いにかかわっていると言えます。

そのため設立して間もない場合は、審査基準を満たさず審査に落ちてしまうことも考えられます。

ただクレジットカード会社によって審査基準は違いますので、設立が間もない企業でも作れるクレジットカードは存在しますので、設立して間もない場合でも諦めなくて大丈夫です。

個人事業主におすすめのクレジットカードは!?

個人事業主と一言で言っても、仕事内容や規模など全然違います。

クレジットカードの詳細と共に、どんな人におすすめなのかを紹介していきます。

あなたに合う個人事業主向けのクレジットカードが見つかりますように・・・。

設立間もないあなたには、三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Owners

個人事業主向けのクレジットカードも過去の確定申告書類を〇年分…と言った具合に複数年分提出しなければいけないところもあり、設立間もない場合は申し込みすらできないこともありました。

しかし三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)は、事業主本人確認資料だけで手続きができます

その分カード利用枠が10-80万円と他の個人事業主向けのカードよりは低額です。

クラシックカードであれば年会費も1,250円(税抜き)と比較的リーズナブルです。※初年度無料

クラシックカードだと空港ラウンジは利用できませんが、海外旅行傷害保険はついています。(保険は利用付帯です)

また経費をカード払いしているだけで、ポイントがたまっていく上に、個人カードを持っていればポイントは合算可能です。

三井住友カード には、iD機能がついているのでリーダーにかざすだけでお支払いできます。※3タイプあり選ぶことができます。

ETCカードも追加することができますが、年会費500円(税抜き)です。※初年度無料

少しでも節約したいあなたには、年会費無料のライフカードビジネス

ライフカードビジネス

ビジネス用(個人事業者向け)のクレジットカードは、年会費有料が当たり前ですが、ライフカードビジネスは年会費が無料です。

ショッピング枠は、10-500万円とかなり幅広いので安心ですね。ただしキャッシングはできません。

ただし、希望限度額によって提出する必要書類が違います。

希望限度額100万円以下であれば必要書類は事業主本人確認資料だけですが、希望限度額100円超えると事業主本人確認資料の他に確定申告書2期分が必要となります。

年会費無料なのにいろいろとサービスが受けることができます。

例えばVisaカードであれば、VisaビジネスオファーやVisaビジネスグルメオファーのサービスが受けられます。

MasterCardであれば、MasterCardビジネス・アシストのサービスが受けられます。

その他にも弁護士無料相談サービス(1時間)やクラウド会計ソフトfreee(フリー)の特典を受けることができ、海外アシスタンスサービスや旅行サービスも受けられます。

また、福利厚生サービスのベネフィットステーションを会員価格で導入することができます。

無料なのにいろんなサービスがついているのでおススメです。

ただしポイントサービスはついておりませんが、ETCカードは無料で発行できます。

ゴールドカードに魅力を感じるが年会費が気になるあなたには、ライフカードゴールドビジネス

ライフカードゴールドビジネス

ゴールドカードの年会費は1万円以上が多い中、ライフカードゴールドビジネスは2,000円(税抜き)と非常にリーズナブルです。※初年度無料

ライフカードゴールドビジネスは、上記のライフカードビジネスのサービスはもちろんですが、その他にも色々とお得なサービスを受けることができます。

全国主要空港のラウンジを無料でご利用いただけるサービスがあり、海外旅行傷害保険も付帯しているので海外出張に行く人におススメです。

海外だけではなく、国内旅行傷害保険やシートベルト傷害保険も付帯しているので安心ですね。

ショッピング枠は、ライフカードビジネス同様10-500万円とかなり幅広いので安心ですね。ゴールドカードでもやはりキャッシングはできません。

ゴールドカードも希望限度額により提出書類が違い、希望限度額100万円以下であれば必要書類は事業主本人確認資料だけですが、希望限度額100円超えると事業主本人確認資料の他に確定申告書2期分が必要となります。

ライフカードゴールドビジネスは、ポイントサービスがあります。

ETCカードは、もちろん無料で発行できます。

ゴールドカードなのに、年会費がリーズナブルなのでとってもお得です!!

ポイントが貯まりやすい、JCB法人カード

JCB法人カード

基本的には1,000円で1ポイントなので他のカードとあまり差がないですが、JCBオリジナルシリーズなら、独自の優待店でカードを利用すればボーナスポイントが貯まります。

海外でJCB法人カードを利用するとポイントが2倍になります。

しかもJCB法人カード決済で、1年間(合計)100万円以上使うと翌年はポイントが50%UPになるそうです。

年間で100万以上使う人は、JCB法人カードにするとポイントが貯まりやすいのでオススメですよ。

また年会費は、1,250円(税抜き)とリーズナブルです。もちろんETCカードは無料です。

支払い方法が色々選べてキャッシングも可能な、オリコ EX Gold for Biz S

オリコ EX Gold for Biz S

個人事業者向けのクレジットカードは、法人カードの中で個人事業主の方も使えるものが多く、個人事業者専用のカードってあまり存在しません。

しかしオリコ EX Gold for Biz Sは個人事業者のみ作れるカードなんです。

実は法人カードってキャッシングができないものが多いのですが、こちらは個人事業者専用カードなのでキャッシングが可能です。

同じタイプのオリコ EX Gold for Biz Mは法人代表者向けカードの為、キャッシングはできません。

また基本的に法人カードは、支払い方法が限定されることが多い中こちらのカードは、1回・2回・据え置き一括払い・リボルビング払いが選べます。

年会費は2,000円(税抜き)と比較的リーズナブルなのに、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・盗難保障・ショッピング保険もついています。※初年度無料

また選んだ国際ブランドにより、MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファーのサービスが受けられます。

iDとQUICPayの電子マネーが搭載しているのでとっても便利です。もちろんETCカードは無料です。

また個人事業主の本人確認書類だけで申請できるのも魅力の一つです。※キャッシング希望の方は、個人事業主の本人確認書類以外に所得証明書も必要です。

個人事業者向けのクレジットカードについてまとめ

個人事業者向けのクレジットカードを特徴別に紹介しました。

他にも色々個人事業者向けのクレジットカードはあるのですが、その中から厳選してこんな人にはこれがおススメとか、こんな特徴のあるカードとして紹介しています。

クレジットカードに対する要望は人それぞれなので、私が紹介した5枚の中からあたなの要望にぴったりのカードが見つかればいいなと思っております。

個人事業主向けクレジットカードに関するQ&A

自営業はクレジットカードの審査に落ちやすいと聞いたので、手元にある個人名義のクレジットカードを使いたいのですがダメなのでしょうか?
個人のクレジットカードを使い続けることは可能です。

ただし、仕事とプライベートが混ざりやすいのであまりおススメできません。

プライベート用のクレジットカードで消耗品を購入した時の仕訳は以下のようになります。

(借方)消耗品費 1,000円 /(貸方)事業主借1,000円

プライベート用の口座から引き落としになるので、引き落とし時の処理はなく一見楽に思えますが、事業主借という科目を多用してしまうと税務署からチェックが入りやすいと考えられます。

しかもお金の流れを把握しにくいので仕事とプライベートは分けておいた方がいいでしょう。

ただし手元に個人名義のクレジットカードが2枚あるのであれば、1枚目をプライベート用、2枚目を仕事用と分ければお金の流れも把握しやすく、事業主借の科目も使わずに済みます。

仕事用に使うと決めた個人用のクレジットカードの引き落とし口座は、仕事用の口座にしておきましょう。でないとぐちゃぐちゃになってしまいます。

名義が違い引き落とし口座に選べない場合は、個人名義口座を開設しこれを仕事用に使えば大丈夫です。

個人事業主向けではなく個人名義のクレジットカードを新たに作って仕事用として使いたいのですが大丈夫ですか?
個人事業主であれば個人名義のクレジットカードでも大丈夫です。

申し込む際にカード利用目的を選択する項目があります。生計費決済と事業費決済の2通りがあります。

仕事に使うのであれば事業費決済に当たりますが、両方にチェックを入れても大丈夫です。

個人用であれば年会費無料のクレジットカードも多いし、ポイントサービスがあるものが多いので選べるカードの幅が広がります。

ただし限度額が個人事業向けよりは低額となる場合が多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です