デビットカードとクレジットカードの違いとは?比較!デビットカードがメジャーにならない理由とは?

デビットカードとクレジットカードの違いとは?キチンと比較してメリットデメリットを知りたい人のためのコンテンツです。

なぜデビットカードがクレジットカードほどメジャーにならないのか?その理由に迫っています。

サルパパ

そもそもデビットカードとは?デビットカードとクレジットカードとの違い(概論)

デビットカードもクレジットカードも、お金の代わりに支払いが出来るカードであることは同じ。しかし、その内容・仕組み・バックグラウンドが異なっています。

その場で銀行引き落としか?後払いか?

クレジットカードとの一番の違いは、その場で銀行引き落としか?後払いか?です。

  • クレジットカードは後払い
  • デビットカードはその場で銀行引き落とし

クレジットカードが、利用限度額は設定されていますが、手元にお金が無くても、銀行口座にお金がなくても、後から報酬・給料等で後払いされることを見越して利用することが出来ます。

しかし、デビットカードは、その場で銀行引き落としなので、銀行口座に入っているお金しか使うことが出来ません。

発行元が違う

  • デビットカードは銀行が発行
  • クレジットカードはクレジットカード会社が発行

デビットカードは、銀行口座のお金をダイレクトに利用する仕組みですから、銀行が発行なのは当然ですね。

クレジットカードは、基本的には”後払いサービス”。

後払いサービスを提供することにより、年会費(無料のカードも多数あり)・分割手数料・リボ払い手数料などで利益を生み出しているクレジットカード会社が発行しています。

デビットカードがメジャーにならない理由

ポイント還元がない、もしくはクレジットカードより低い場合が多い。

ポイント還元がない、もしくはクレジットカードより低い場合が多く、還元ポイントでより得をしたいと考える利用者がクレジットカードをチョイスする要因の一つとなっています。

分割払い・リボ払いができない

デビットカードは、分割払い・リボ払いが出来ません。

分割払い・リボ払いの仕組みが良いか悪いかはここでは省略しますが、これらを一つの機能と言う風に考えるなら、デビットカードはクレジットカードよりも機能が少ないということが言えます。

分割払いもリボ払いも、使うつもりはないけど、いざという時のためにあると安心という人はかなり多くいらっしゃいます。

分割払い・リボ払いもあるから…デビットカードではなくクレジットカードにしておこうという流れでクレジットカードをチョイスする人が一定数いるのは頷けます。

デビットカードはクレジットカードほどはサービス提供者が儲からない。

クレジットカードは、主に、年会費(無料のカードも多数あり)・分割手数料・リボ払い手数料でしっかりとサービス提供者が儲けることが可能なサービスです。

特に分割手数料・リボ払い手数料は、利用者から利息をもらっている形式です。

一方、デビットカードは、ATM手数料、振り込み手数料など一般的な手数料くらいしか儲けポイントがありません。

旨味が少ない分、サービスを積極的に進めようという風になっていかない…それがデビットカードがメジャーになっていかない要因の一つでもあります。

デビットカードは積極的にプロモーションを行われていない。

前述の「デビットカードはクレジットカードほどはサービス提供者が儲からない。」という事実が、「デビットカードは積極的にプロモーションを行われていない。」という事実を生み出しています。

クレジットカードのCMは頻繁に目にしますが…例えば、

楽天カードは年会費無料で今なら申し込むだけで7,000ポイントプレゼントと言った風に、ほぼほぼタダで7,000円貰えるようなプロモーションをしています。

※厳密にはポイントで現金がもらえるわけではなく、楽天市場で1ポイント1円として利用できるポイントがもらえるということ。

それをきっかけにクレカ利用を始め、日がたつごとに「おっ!?クレカってこんな時にも便利じゃん!すげ~。」

みたいなことになり、クレカユーザーとなっていきます。

年会費無料なら解約する理由はありませんし、クレカで買い物したほうがポイントが付くから得…となれば、使わない理由はありません。

立派なクレカユーザーになってから、「は?デビットカード?そういえばそんなの聞いたことはある。で、それって何?」

みたいな感じになってしまっている人…非常に多いです。

最初に、申し込み者にとってこの上なく美味しい特典があると…その拡がりは半端ないですね。

  • クレジットカードを良く知らない人
  • クレジットカードに申し込もうという気持ちがない人

このような人まで申し込ませることが出来ますから。

方式から人が感じる安全性(保障)の面

デビットカードもクレジットカードも同じように、カードにより額・条件に違いはありますが「(海外・国内)ショッピング保険」、「不正利用補償」が付帯していることがほとんどです。

例えば…

  • ショッピング保険は、購入した商品が盗難にあったり、破損したりなどの場合に、保障してもらえます。(場合により適用外なケースもあり。)
  • 不正利用補償は、偽造されたり、スキミングされたり、盗難されたりで第三者によって不正利用された場合に保証してもらえます。(場合により適用外なケースもあり。)

ですから、安全性(保障)の面からは、デビットカードもクレジットカードも違いはほぼありません。

しかし、気持ちの問題というのがあります。

デビットカードの場合、もし、偽造・盗難・スキミングなど不正利用されたら…自分の銀行口座から自分のお金を抜かれてしまったということ。

クレジットカードの場合、同様のケースだと…アナタがカードを利用したということになってしまいますが、その地点でアナタの銀行口座からお金を抜かれてしまったということにはなっていません。

同じように保障してもらえるとしても、デビットカードの場合、一時的にかもしれませんが、明らかに、自分のお金を盗まれてしまっていますが、クレジットカードの場合は、自分のお金を盗まれてしまったというわけではないのです。

この違いは、安全性において、クレジットカードがデビットカードより安全性が高い(気がする)と人に思われる一つの要因になっています。

※デビットカードかクレジットカードかで悩んでいる場合、「(海外・国内)ショッピング保険」、「不正利用補償」の条件・保障される金額についてはキチンと比較しておくことをお勧めします。申し込むカードが絞り込まれている状態で前述の2項目は2つのカードの違いを見出せる点ですので。

クレジットカードが使えてデビットカードが使えないという場合がある

「クレジットカードは使えるけどデビットカードは使えないというシチュエーション」はそれなりにありますが、「デビットカードは使えるけどクレジットカードは使えないというシチュエーション」はまずありません。

amazon、楽天など有名ショッピングサイトはカードで買い物するのが便利な代表格のサイトですが…基本的にデビットカードもクレジットカードもどちらも利用可です。

使えないケースの例を挙げるならば…デビットカードではETCカードが発行できません。

なぜか?もしETCを通る際に、銀行口座の残金が不足していたら…システム上、ゲートを通過することはできません。

そのようなことでイチイチ通過できない人を生み出すことは渋滞の元となりますので現実的ではありません。

ETCカードの例のように、銀行口座から直接お金が支払われるデビットカードの仕組みが特性上都合が悪いケースというのが存在します。

デビットカードがクレジットカードよりも優れているところ(メリット)はないの?

ここまではデビットカードのデメリットを書いてきましたが、当然、メリットもあります。

わかりやすい(気がする)

  • この日でクレカの引き落としが○万円あるから、この日までにはこの口座のお金を○万円以上にしておかなければならない。
  • 給料日に○○万円入るけど、そのうち、○万円はクレジットカードの引き落としにまわさなければならないから使ってはいけないお金だ。

など、後払いを想定しまやりくりを考える必要がありません。

ほぼ現金使いと同じ感覚

デビットカードを利用する行為は、財布から現金を出して使う行為とほぼ同じ。

今、財布の中にはないけど持っているお金を使うという行為です。

ただただ、銀行口座の機能が拡張された、口座利用者のための便利なサービスという位置付け感が強いです。

デビットカードを使うことでは、金銭感覚が麻痺してしまうということは考えにくいです。

審査がない

デビットカードは、銀行口座にあるお金だけしか使えない…いわば、自分の財布のような存在。

今ないお金を使うことが出来てしまうクレジットカードのように、審査の必要がありません。

お金の前借りは嫌!だけどカード払いは便利!という人にドンピシャ!

カード払いは

  • ネット通販、各種支払いにおいて、簡単快適で便利です。
  • 財布が札、小銭でパンパンにならずに済みます。かさばりません。
  • 買い物レジでのやり取りをさっさと終わらせることができます。
  • 財布を盗まれた時、現金に名前を書くことはできないから、現金が手元に戻ってくることはまずない。しかし、カードなら保障があるし、利用を即座に停止してもらえば、被害を財布だけに留めることが出来る。

カード払いには明らかなメリットがあるのです。

だけど、クレジットカード払いは、後払いだから、抵抗がある、、、という人がいます。

デビットカードは、そんな人でもカード払いの簡単快適、便利さだけを得ることが出来るカードです。

クレジットカードをおすすめしていない資産運用、節約、貯蓄関連の本は数多くあります。

そのような本の影響で、クレジットカードの敷居が高い、クレジットカードに恐怖を感じているという人にとっては、デビットカードは救世主的なカードと言えるでしょう。

15歳から作れるデビットカードあり。

クレジットカードは18歳からしか作ることができません。

しかし、デビットカードの中には15歳から作れるカードがあります。

15歳と言えば、高校生。

  • ネットショッピングを自分でできる
  • お金の管理を自分でできる

程の年齢。また、そういうことをしはじめても良い、し始めるべきと考える当人、親御さんも多い年齢。

だけど、クレジットカードは作れない。このくらいの年齢、年頃でカード払いが出来るようになりたいというニーズは多いです。

そういう人たちにはデビットカードは、ありがたい存在と言えます。

高校生が海外留学することになり、カードがどうしても必要、、、というシチュエーションでも、デビットカードはひとつの選択肢、解決策となることができます。

ジェイデビットも知っておこう!

ここまでで話しをしてきたのは、デビットカードの中でも、VISA、JCBと言った国際ブランドのデビットカードの話。

VISA、JCB…特にVISAは、国際ブランドシェアナンバーワン。ネットショッピングでも海外でもほとんどのシチュエーションでVISAは利用可能です。

VISAほどではないですが、JCBもそれなりのシェアがあり、殆どのネットショッピング、日本人が行く観光地において利用可能です。

参照:国際ブランドのシェアについて
クレジットカード国際ブランドのシェアについて2015

引用元:https://www.businesswire.com/news/home/20160509005108/en/Nilson-Report-Releases-Global-Cards-Report-2015

しかし、デビット(デビットカード)にはジェイデビット(J-Debit)というブランドがあります。

これは通常のキャッシュカードに最初からついてます。

だったら、わざわざVISA、JCBのデビットカードを作る必要ないじゃん!ということになります。

しかし、ジェイデビット(J-Debit)は、難点があります。それは…

利用できる場所がVISA、JCBに比べると圧倒的に少ないという点。

ネットショッピングにおいて、ジェイデビット(J-Debit)が利用できるケースはVISA、JCBに比べると非常に少ないですし、海外では利用することが出来ません。

参照 https://www.debitcard.gr.jp/faq/index.html

普通に色々なシチュエーションでストレスなく、カード払いがしたいと考えるなら、”わざわざ”VISAもしくはJCBのデビットカードを作った方が良いです。

ジェイデビット(J-Debit)は海外では使えない、日本で独自に生き抜いて来た…ガラケーのような、ガラパコス的なものであると捉えるとわかりやすいかもしれません。

デビットカードとクレジットカードの違い・比較…で、どっちがいいの?

年会費無料のクレジットカードとデビットカードをカードの機能だけで比較した場合、

お金がなくても(使える)ということに関しては、両者同じ。
ただし、クレジットカードは、後払いであるがゆえにETCなどデビットカードには不向きなシチュエーションでも利用できるなどの利点あり。

今すぐ払いと後払いの違い
デビットカードの今すぐ払いは、現金払いと限りなく同じである。

後払いは、今すぐお金を工面できるような懐事情でなくとも利用することが出来る。

分割払い・リボ払いが出来る
大きな額の、現金をその場で用意できない程の買い物が出来るようになる。

など、明らかにクレジットカードの方がデビットカードよりも高機能であることがわかります。

海外旅行保険、(海外・国内)ショッピング保険、不正利用補償などに関しては細かな差はあるかもしれませんが、デビットカードにも付帯しますので大きな違いを見出すことはできません。

ただ、ポイント還元率や、入会時の特典に関しては、クレジットカードの方が優れていると言えます。

このようなことから、わざわざクレジットカードでなくデビットカードをチョイスする理由は私にはありませんね。

敢えて、デビットカードをチョイスすべき人は…

  • クレジットカードを作れない高校生
  • クレジットカードへの精神的敷居が高い人
  • 分割払い・リボ払いをあれば頻繁に使ってしまう人

などです。

楽天カードの入会で7,000ポイントもらえます…みたいなキャンペーンに飛びついてクレジットカードを作って、そのまま分割払い・リボ払いにはまることなく、普通に節度を持って便利にクレカを利用しています…という人が大半だと思います。

少なくとも私はそうですし、私の周りの家族・友人・知人も皆そうです。リボ払いで苦しんでいるという人は私の周りにはいません。

この事実だけでも、普通に節度を持って便利にクレカを利用している人が多いことが伺えると言えるでしょう。

デビットカードとクレジットカードの違いに関するQ&A

デビットカードとクレジットカードの見分け方は?

デビットカードもクレジットカードも非常によく似ています。しかし、完全に同じというわけではありません。

具体的には、デビットカードには、デビット(Debit)、デビットカード(Debitcard)…と言った文字がカードに書いてあります。

クレジットカードとデビットカード。見た目の違い。イオンカードの場合。

クレジットカードとデビットカード。見た目の違い。楽天カードの場合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です