カーリースは我々(個人)におすすめなの?メリットは?デメリットはある?車購入との比較。

車の運転

「カーリースが月々1万円で色々コミコミで超お得って聞いたんだけど…どうなの?」先日、母に質問されました。

我々には田舎に住み、車は買うものというのが定着していますが、カーリースが得ならば、手を出さない理由はない。

でも、メリットデメリット…特にデメリットだけは手を出す前にキチンと理解しておいた方が良い。

サルパパ

ということで、母に、「僕がキチンと調べるから、ちょっと待ってて。」と伝え、

  • カーリースが我々一般市民におすすめなものなのか?
  • カーリースのメリットは?(車購入との比較)
  • カーリースのデメリット・注意点は?(車購入との比較)
  • 様々な万が一の時…どうなの?(車購入との比較)
  • 車購入よりも安くなるものなのか?得できるものなのか?
  • メリットとデメリットを踏まえ、カーリースというサービスはどうなのか?

について、調べ、考察を加えてみました。

カーリースのメリットは?(車購入との比較)

気軽・手軽

 
車購入の場合、大きな買い物ですから、まとまったお金が必要となります。

激安の中古車ならばそんなことないよね…という意見はあると思いますが、それはそれ。

通常、新車ならば、最近だと軽自動車でも150万円などざらにあって、頭金なしには新車は軽自動車ですら、入手することはできないと言ってよいでしょう。

だけど、カーリースだと、新車に頭金なしで乗れてしまうのです。

免許は持ってます。車があれば生活水準が向上するのだけど…。でも、車を買おうとは思えない。

こういう人は、とりあえず、カーリースで気軽に車のある生活を始めることができますよね。

新しい車に乗り続けやすい

車を購入する場合でも、乗り換えたいタイミングで車を売却して、そのお金を新車の購入資金に当てれば可能ではありますが、「車種・年式・程度により思ったほどの価格で売れない」場合も。

カーリースの場合は、契約期間満了で、業者に車を返却し、別の新車を新たにカーリースすれば…システム的に新車に乗り続けやすいです。

※ただし、後述する残価設定には注意が必要です。

月々の金額に様々な経費が含まれている。(わかりやすい)

ここで説明するまでもないかもしれませんが、車を所有するということには、様々な経費(維持費)が必要となります。車をお金を払って購入したからと言って、それだけで街中を自由に走り回れるというわけではありません。

以下、私の母親が乗りたい車であるホンダNboxを例に挙げてみていきます。

自動車購入時&自動車維持にかかる費用

  • 自動車税:車の排気量・購入時期により異なるが年1回支払わなければならない。軽自動車(ホンダNbox)ならば12,900円/年。
  • 自動車重量税:車の重さに応じて支払わなければならない。年額が決まっていて、車検時にまとめて支払うことになっている。軽自動車(ホンダNbox)ならば3,300円/年(新車~12年目まで。それ以降は更に高くなる。)
  • 自賠責保険料:任意ではなく必ず入らなければならない強制の自動車損害賠償責任保険。軽自動車(ホンダNbox)ならば15,130円/12か月~35,610円/37か月。
  • 車検料:軽自動車(ホンダNbox)ならば52,534円~※ホリデー車検の場合。自動車重量税2年分6,600円、自賠責保険料2年分25,070円を除いて算出すれば20,864円~となる。
  • 自動車取得税:軽自動車ならば、取得価額(本体価格の90%)の2%。ホンダN-BOX G Honda SENSINGならば1,418,040円X0.9×0.002で≒25,524円。
  • その他、登録諸費用等、任意保険料、ガソリン代、オイル代、駐車場代など。

※全て軽自動車自家用で抽出。

参照
自動車重量税と自動車税・軽自動車税 – 一般財団法人 自動車検査登録情報協会
自動車重量税とは?|自動車の税金ガイド|自動車保険はソニー損保
自賠責保険(自動車・バイク) | 損保ジャパン日本興亜
車検にかかる費用 │ 車検費用 │ ホリデー車検は一歩先の安心を考えます
自動車取得税とは?|自動車の税金ガイド|自動車保険はソニー損保

車を購入し、維持するということは、車両本体価格の他にこれだけの費用が必要になります。

カーリース(もろコミカーリース)の場合、上記項目の中で、マーカー緑の項目…

  • 車両本体価格
  • 自動車取得税
  • 登録諸費用
  • 自動車税(全期間含む)
  • 自動車重量税(全期間含む)
  • 自賠責保険料(全期間含む)

が、月額料金の中に含まれています。逆に言えば、カーリース(もろコミカーリース)の月額料金の他には任意保険料、ガソリン代、オイル代、駐車場代等だけを払っていればいいということ。

車購入の場合、

  • 購入時に、色々と諸費用とられて…車が高額だから気にならない風だけど、数十万ってマジかよ?
  • 今年は車検だなぁ…。地味にまとまったお金出ていくのがしんどいんだよなぁ。

などありますが、カーリース(もろコミカーリース)の場合はそういうストレスがないということですね。

どの費用が月額料金に含まれているかは、カーリースサービス毎に異なっている場合がありますので、キチンと確認をするようにしてください。

カーリースのデメリットは?(車購入との比較)

最近流行りの残価設定に注意

残価設定は、カーリースだけではなく、ローンの場合でもありますので、カーリースならではのデメリットというわけではありませんが、カーリースにおいて、注意しておかなければならないのが残価設定。

残価設定というのは、数年後の車の価値を予め考慮に入れた上で月額料金が決められているプランのことを言います。

例えば、3年後の車の価値を”60万円”だと設定したならば、月額料金は、その60万円を考慮に入れ、その分安く設定されているということ。

3年間のリースが終了した際に、設定通り60万円の価値があるならば、返却して綺麗にリースを契約通りに終了できるとなります。

この設定を実現するために、契約満了時に、走行距離や車の程度などが残価設定以上でなければいけません。そうではないならば、設定された60万円を下回っているということ。契約上、その不足分を利用者が負担しなければならない場合も…。

支払う金額の安さだけに目をとられ、契約したが…残価設定が現実的に厳しい水準で、制限を感じすぎてしまい、車を楽しめなかったなんていうことも。

これが、残価設定なしのローンでの購入であれば、どれだけ走ろうが、どれだけ車の程度を悪くしてしまおうが、後からお金を追加で請求されることはありません。

ちなみにもろコミのもろコミ7(7年リース)ともろコミ9(9年リース)のプランは残価設定がゼロ円です。にも関わらず月額料金は業界最高水準のコスパでかなり魅力的です。

チューンナップ、改造は不可。

車が自分の手元にあると言っても、リース(借り物)ですので、勝手にチューンナップ・改造することはできません。

購入の場合は、自分のものですから、チューンナップ・改造は自由です。

マイカーではない。

これが自分の愛車、これが自分のマイカー…。車に対し、愛着を感じ、名前をつけちゃうような方にとっては、車が自分のものではなく、リース(借り物)であることは耐えがたいことかもしれません。

また、知人・友人との会話で、

友人「車買ったんだぁ~。いいなぁ…。」
アナタ「買ってはいないんだよね。リースなんだよね。」
友人「…」

新車を購入できる自分をステータスとして、他者に自慢したいと考えている場合、それが出来ません。購入したわけではないですから。このことを大きなデメリットと考える人は一定数いらっしゃるのではないでしょうか?

様々な万が一の時…どうなの?(車購入との比較)

中途解約は?違約金は?

月額〇〇〇〇円と書かれていても、実際は、複数年の契約を締結します。ですので、それを破るという場合は、その契約に則ることになります。

中には、契約期間内であっても、一定年数を経過していれば違約金なしで解約可という場合もありますし、普通に違約金が必要な場合もあります。

中途解約を希望の場合、まずは、カーリース業者の担当者に聞いてみることをお勧めします。

車購入の場合、すぐに車を売る(ローンは払い続ける)という手段がありますが、カーリースではそれはできません。

事故しちゃったらどうなるの?

車両保険付きの任意の自動車保険に加入していれば、付保内容の範囲に応じて保障してもらう事が出来ます。

これは、車購入の場合でも、同様ですね。

事故で車を廃車になってしまった場合

基本的には、車購入とカーリースは同じ。

どちらの場合でも車を失った分、アナタは車(お金)を失います。

  • カーリースならば、契約は解除となり、契約書に応じて、車を弁償することになるでしょう。
  • 車購入なら、車の分だけ損したという形になります。

いずれの場合でも、前項と同じく、車両保険付きの任意の自動車保険に加入していれば、付保内容の範囲に応じて保障してもらう事が出来ると…。

廃車にしてしまうレベルの事故を起こしてしまった場合、どちらのほうが有利などなく、どちらの場合も同じように辛いとなります。

実際に、もろコミさんに電話して聞いてみたら…「支払われた保険料金の方がもろコミに支払わなければならない解約費用よりも多くなり、プラスになっちゃった」というケースもあるとのことでした。

それでも、それは金銭的なことに限った話。むち打ちなど身体の不調なども起こりえますので、事故がないのが一番ですね。

もろコミで7年と新車購入で7年をシュミレーションして比較

続いては、車購入を辞めて、カーリースに切り替えるという行動を起こすか起こさないかの最大の肝、得できるのか出来ないのかについて具体的に見ていきます。

「N-BOX G Honda SENSINGを購入し、7年乗った場合にかかる費用」と「N-BOX G Honda SENSINGをもろコミ7(7年リース)で7年乗った場合にかかる費用」をシュミレーションにて比較します。

※ただし、ガソリン代など両者に共通にかかる費用の記載は省きます。

月々の支払い負担を比較

N-BOX G Honda SENSINGの購入支払いシュミレーション

※2018.10.09にホンダ公式サイトN-BOX セルフ見積りにてシュミレーションした際の画像です。細かな数値に関しては、経年と共に変更になる可能性がございます。

  • 新車購入の場合、頭金114,250円プラス、月々の支払額は、最も安いのが、「残価設定・分割払い60回(5年)」18,200円。
  • もろコミ7(7年リース)ならば頭金無し、残価設定なしで月額24,732円(税込)。ボーナス併用払いなら月額8,532円(税込)。

新車購入の場合、どうあがいても頭金114,250円が必要になってきます。これら違いだけでどちらが支払いやすいかに個人差が生まれてくるでしょう。

総額を比較

新車購入【残価設定・分割払い60回(5年)】の場合

59回の分割払いが終わり、その後も乗り続ける場合、60回目の残価設定分も含めた金額をまとめて支払うか、更に分割を組んで支払い続けるかのいずれかとなり、支払う総額は1,588,746円となります。

車購入で7年間乗る場合、他にも、

  • 車検x2回(52,534円~x2回)
  • 自動車税12,900円/年x7回

≒195,368円必要になってきます。ちなみにこの費用は、もろコミ7(7年リース)の場合、月額料金に含まれています。

これらを合計すると、新車購入【残価設定・分割払い60回(5年)】で7年間、乗る場合、1,784,114円掛かるということになります。

ローンを払い終えた後は、車が自らのモノになっていること、その車を売れば売ったお金は自分のモノになること、乗り続ける分には、車体ローンの負担がなくなっている状態であることなどはカーリースとの違いとして把握しておく必要があります。

カーリース(もろコミ7)の場合

均等払い(概算)の場合、24,732円(税込)x84回(7年)で2,077,480円。

単純に、この地点(7年)で線引きをすると、(新車購入)1,784,114円と(カーリースもろコミ7)2,077,480円…

293,366円、新車購入の方が安いです。

そして、注目しなければならないポイントは、この先…。もろコミ7は、残価設定ゼロ円ですので、7年リース終了後、車は、貰うことが出来ます。

ただし、車を自分のモノにする際に発生する各種費用は”法定費用(自動車税・重量税・自賠責保険料・リサイクル料)”を自ら負担しなければいけません。

  1. 乗っていた車を自分のモノにする場合、結局、諸経費自腹、それを新車の時に払うのか後になって払うのかの違いしかなく、負担しなくてもよいというわけではないでのです。
  2. 以降車に乗らないもしくは新たなカーリースに切り替える場合、乗っていた車を手放す(売る)ことになりますが、その際は、諸経費を負担する必要はありません。

切り替えて別のカーリースを続ける場合、諸経費を負担する必要はないですが、別の車体に対し、お金を払い続けてはいます。この事実をどうとらえ、どういった選択をするかは個人に委ねられています。

カーリースは我々(個人)におすすめなのか?得なのか?まとめ

もろコミとの比較・・・こんな具合でした。他のカーリースサービスとは若干の違いはあるかもしれませんが、大枠においては、ほぼ同様であると考えてよいでょう。

そもそも、もろコミ7をなぜ比較対象にしたか…?それは残価設定ゼロ円で初見で良さそうに見えた、サイトがわかりやすかった。それゆえ、数あるカーリースサービスの中で、申し込むならココかなと考えていたから。

そんなもろコミ7がこんな具合ですので…他の全てのカーリースサービスを引っ張り出して比較しなくともこれで大枠は捉えることが出来ており、シンプルで具体的な考察になっているのでわかりやすくていいかなと。

カーリースは軽自動車の頭金を用意できないわけじゃない人が、得をするためにわざわざ利用するサービスではない

ということが言えますね。

普通に考えてみれば、カーリース会社はカーリースで利益を出して運営しているわけで…その利益は、我々利用者が支払っているお金から生まれているもの…。

カーリース会社は、我々がカーリース会社に支払うお金で「利益+車体価格+維持費」をまかなっています。

仕組み上、カーリース会社が一枚かんでいる分を我々が負担しているわけですから、ディーラーでの車購入よりもカーリースが安いわけがないんですよね。

ディーラーから直接車を買って乗るよりお得になるわけがないんですよね。

カーリースは本コンテンツ冒頭で取り上げたメリット

  • 気軽に車を楽しめる。
  • 頭金がないから手を出しやすい。
  • 月額料金のみで単純明瞭、わかりやすい(家計管理しやすい)。
  • 定期的に新車に乗り換え続けるスタイルをとりやすい。

などを良いと感じる人が利用するサービスということですね。

こんな時はどうなの?

わからないことを実際に、電話して聞いてみました。

サルパパ

車検の時、どこにいけばいいの?

母に質問されていたのがコレ。我々が住んでいる地域の近所には、カーリース会社がありません。

たとえ、車検代金が月額料金に含まれていると言っても、わざわざ軽自動車で、高速道路に乗って持ち込むのは走行距離的にも、自らの年齢的にもしんどいとのことでした。

近所の板金屋に持ち込み、そこでかかった車検費用を月額費用から抜いてもらうなどの対応はできないのか?

聞いてみました。答えは「できません。」とのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です