ヤフーカードの「自動リボ新規登録で3,000円相当の期間固定Tポイントプレゼント」的な企画は本当に得なのか?

大丈夫なんですかね?ホントに得できるんですかね?

ヤフーカードの「自動リボの新規登録&ご利用でもれなく3,000円相当の期間固定Tポイントプレゼント」という企画。私自身、現在進行形で気になってしまっています。

ヤフーカードを新規で発行し、1万円相当のTポイントをゲットして味をしめた経験がありまして、

「これも、もし得できるなら…やってみたいな?どうなのだろう?」

という考えに至り、マジマジと考察してみました。

サルパパ

自動リボには基本メリットはない。その原則を基本線に、企画で得を取りに行くという姿勢。

内容としては以下のページに書かれていることが全てではあるのですが…

参考 自動リボの新規登録&ご利用でもれなく3,000円相当の期間固定Tポイントプレゼント(常時開催)

自動リボというのは、事前に登録するだけでショッピング1回払い利用分が自動でリボ払いに変更になるサービス。

  • 月々の支払いが、定額になって楽ですよ。
  • 月々の支払いが、定額になるから家計管理がわかりやすいですよ。
  • リボ払いなのに、お店では1回でと言えるから恥ずかしくないですよ。

などと一見、メリットのようにも見えなくないですが、そもそもリボ払いを現在嫌っている私からすればメリットではない。

  • 1回払いなら手数料はかからないが、リボ払いには手数料がかかる。
  • 月々の利用額が、月々の元金支払額を超えるなら…それは、リボ払いの元金を増やすことになる。そしてそこには手数料がかかる。
  • 毎月定額で楽・わかりやすいのは良いが、それは逆に利用しすぎた場合、元金を増やしてしまった場合でも痛み・ヤバさを感じないだけ。
  • そもそもリボ払いがやばいから恥ずかしいって思うわけで…「1回で。」と言ってリボが利用できるのは、それを隠すだけの対処でしかない。

ですので、自動リボ自体はメリットではないということを基本姿勢として考察を続けていきます。

ポイントは、3,000円のTポイントを損なく得ることが出来るのか?損するのだとしても、どれだけの損で、得する金額はどれくらいなのか?

キチンと、プラスになり、得なのであれば、自動リボにメリットはなくとも、この企画にはメリットがあるということになります。

3,000円相当のTポイントを得るのに、いくら自動リボを利用しなければいけないのか?

いくらとか、何か月利用しなければならないなどの縛りはありません。

ですから、自動リボで設定している月額返済金額未満の買い物をすれば…「リボ払いの利用1回払いで済み。1か月分の手数料のみが加算される。」ということになります。

払わなければならないリボ払い手数料の合計金額は、完済までの期間が長ければ長いほど多くなりますので、3,000円のTポイント目的でリボ払いの手数料を抑えるためには、安い商品を月々の返済設定金額未満で利用(1回で済ます)すればよいとなります。

以下にいくつかのパターンを紹介します。

パターン支払い設定金額購入商品の価格支払い回数リボ手数料合計金額得できる金額
A5,000円+手数料1,000円115円2,985円
B5,000円+手数料4,000円160円2,940円
C(※)5,000円10,000円3309円2,691円
D5,000円+手数料15,000円3450円2,550円
E(※)5,000円100,000円2520,874 円ー17,874円
F10,000円+手数料8,000円1120円2,880円
G60,000円+手数料 50,000円1750円2,250円
H200,000円+手数料190,000円12,850円150円
I(※)5,000円50,000円125,030円ー2,030円

※がついているパターンは元利定額リボ、年率17.94%でのシュミレーションなので、実際(元金定額リボ、年率18%)とは若干の違いがあります。

※のシュミレーションは以下のページを利用しました。
参考 返済シミュレーション

実際は、※がついていない箇所のように元金定額で支払うことになります。

A~D、Fくらいはキチンと得が出来るパターン。

Hは、1回払いでの損益分岐点付近。3,000円相当のTポイントを考慮し、何とか150円は得出来たとなるのがこのあたりです。

しかしながら、やばいパターンもあります。

Eはこれを機にリボ払い月々の支払の楽さに目覚めてしまい、落ちていってしまう可能性が高いパターン。「おっ?欲しい時計あったけどリボ払いなら、月々≒5,000円でいいの?めっちゃ便利じゃん!最高じゃん!」みたいなパターンですね。

Gは、リボ払いの3,000円相当のTポイントは欲しいけど、このカードをメインで色々使ってしまっているというケース。自動リボに切り替えつつも、1回払いで済まそうと、設定を月々の支払以上に設定しているため、泥沼にははまっておらず、若干(750円)は得出来ています。

Iは、Gと途中までは同じだけど、いい加減な性格ゆえ地獄に落ちてしまう可能性が高いというパターン。3,000円相当のTポイント欲しさに自動リボに切り替えたのだが、月々の返済金額の設定を怠ってしまったパターン。この場合、3,000円相当のTポイントを考慮しても2,030円のマイナスになってしまっています。更に、この状況(毎月5万円をリボ払いにて利用…の流れ)を毎月続けていくと、利用額がどんどん膨れ上がっていきます。

3,000円相当のTポイント欲しさに軽い気持ちで自動リボに切り替えたが、いつの間にか借金地獄に陥っていたという良くありがちなケースです。

なんだ!数百円じゃん!と思ってはいけない!

「3,000円相当Tポイントがもらえる自動リボ企画」の説明のページには…
参考 自動リボの新規登録&ご利用でもれなく3,000円相当の期間固定Tポイントプレゼント(常時開催)

先述のパターンDのケースが取り上げられています。これだけを見ると、

  • リボ払いの手数料って大したことないんだな。
  • 普通にそこそこ得できるじゃん!

と思ってしまいがち…。しかし、前述のパターンIのように、他での支払いもリボ利用に加えてしまい、月々の返済金額を見直すこともしなければ…得するどころか、損…さらにはリボ地獄が待っています。

ヤフーカードのリボ払いの年率18パーセントというのは、かなりの高利率。利用金額によりますが、カードローンやキャッシングに乗り換えた方が、月々の返済金額・総支払額が安くなるケースが大半です。

なんで?どうして?いつの間にこんなことになってしまったの? リボ払いがやばい本当の理由とは?楽天カードの手数料・金利を例にその危険具合とリボ地獄からの生還方法まで徹底解説!

自動リボを辞めるタイミングは?

企画の詳細ページに、「特典進呈までに一度でも自動リボ登録を解除した場合、本企画の対象外となる」旨が書かれていますので、3,000円相当のTポイントが入ることが確認できるまでは、自動リボを解除してはいけません。

更に言えば、予定通りの「Tポイント」を得るためには、”リボ払いの利用を1回でも行えばOK”なので、Tポイントがもらえる条件を満たしたら、後は、自動リボを解除するまで、ヤフーカードを使わないようにする必要があります。

どういう取り方をするか?注意しなければいけないのは…?

パターンの表で具体的にすでに挙げていますが、

リボ払いを利用するということは「今まで利息が付かなかったカード利用の全てに利息(年利18%)がついてしまう。」ということ。

特典を目いっぱい得できる形でもらったら、後はさっさと解除してしまわなければいけません。

前述Gのように月々の返済金額をキチンと調整すれば、泥沼にはまることはないかもしれませんが、そもそも、そんなに得出来ないですし、自動リボ登録・解除をする手間を考えると、「そんな企画乗る必要ないじゃん!」ということになります。ですから、

  • カード決算を全てその別カードに数か月切り替えることが出来る。
  • この3,000円を得るためだけにリボ払いを1度だけ利用し、数か月ヤフーカードを一切使わないでいることが出来る。

ヤフーカード以外に別のクレジットカードを持っていて、この条件を満たす人でないと、手を出すべき企画ではないということになります。

リボ払い…普通にまかり通っていて、そのおかげで助かる場合もあるし、私は実際助けてもらったことがあるのですけど…

私、実は、リボ払いに助けてもらったことがあるんですよ…どういうことか?それはですね… リボ払いのメリットを「かつてリボ払いにお世話になった経験者」が解説!

この企画の流れだと、ヤフーカード一筋で純粋に利用している人が、一番、泥沼にはまる可能性があるんですよね…。個人的に結構酷い話だなと思うわけで…。

気を付けましょう。

ということで、私はどうするのか?

3,000円は魅力的だし、キチンと処理すれば、数十円の手数料を差し引かれるだけでほぼ3,000円分を手に出来るのはわかった。

でも結局、

  • 数か月間の別カードへの切り替えが面倒くさい。
  • ヤフーカード使わない期間が不便。
  • 解除し忘れ忘れが怖い。

などを考えると3,000円くらいじゃ割に合わないなと思うので今はやらないですね…。

どうにも困ったら、これも一つの手だとは思いますけどね。

これだけでほぼ3,000円ゲットできるのは間違いありませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です