アメックスグリーンのメリットは?かっこいい以外にもあるの?楽天カードと比較!

うわっ!?この人カッコいいからっていう理由だけでアメックスカードにしてるの?ただの中身の無いバカだったらどうしよう…

楽天カードをはじめ、年会費無料のクレジットカードはたくさんあるのに、なぜアメックスグリーンをわざわざチョイスする必要があるのか?

かっこいい以外にメリットはあるのか?

そんな疑問をお持ちの方は結構多いのではないでしょうか?

今回は、アメックスグリーンのかっこいいだけじゃないメリット(デメリットも)について楽天カードとの比較も入れつつ解説します。

サルパパ

目次

アメックスグリーンのメリット

カードに利用額の制限がない

アメックスグリーン最大のメリットはこれ!通常、クレジットカードには、そのクレジットカード毎に利用限度額が決められています。

例えば、楽天カードであれば、楽天e-NAVIからの場合、100万円までしか利用限度額を増やすことはできないようです。

私の楽天カードの利用限度額(100万円)

これは、私の楽天e-NAVIの画面。「お申込みできません」となっています。

楽天e-NAVI上では100万円ですが、電話で問い合わせて申請すれば300万円までは増やすことが出来るようです。

私のお金の使い方からすれば、楽天カード(限度額300万円)で十分ですが、それでは十分ではないという人がいます。

要は、純粋に、楽天カードの利用限度額以上クレジットカードを使う人。楽天カードの利用限度額では物足りない人。桁違いな人。

  • 数百万円レベルのレジャーを楽しむ習慣がある人(旅行、旅行先での買い物等々)
  • 車、時計、ブランド品、絵画など数百万円レベル以上の買い物を一括払いで行いたい人

こういった人からすると、利用限度額が300万円?そんなクレジットカード全然使えないじゃん!ということになります。

お金はいっぱい持っているのに、カードそのものの限度額により、これ以上使えません…となってしまい、面倒くさい思いをすることがあるからです。

これが、アメックス(アメックスグリーン)だとどうか…?

アメックス(アメックスグリーン)には、カードに利用額の制限はなく、個人の信用情報を元にしてカード利用額がその人その人に合わせて設定されます。

ですから、カード利用限度額はどれだけでも高くなっていきます(人によります)。

しかも、アメックスの中では最も持ちやすい(安価な)カード、アメックスグリーンでさえ、そうなのです。

アメックスではない場合、ゴールドカードでも利用枠の上限は設けられているもの。

アメックスグリーンはゴールドカードではないのに、利用限度額の面で他のゴールドよりもけた違いに高額(お金持ちさんの場合)ということがあり得るクレジットカードなのです。

MEMO
それでも、限度額がないというわけではなく、その人その人に応じた限度額は設定されています。

それを超える利用を(一時的に)したいという場合は電話連絡を入れて、事前承認されると利用ができます。

《参照》
https://www.americanexpress.com/japan/contents/guide/howtouse/approval.shtml
https://qa.crefan.jp/qa7900.html

お金持ちさんにとっては、これが楽天カードなど他のクレジットカードよりもアメックスグリーンの方が便利であるという実用的な面における最大のポイント。

だから、お金持ちさんは、アメックス(アメックスグリーン)を所有している人が多いですし、だからこそ、ステータス的な価値も一般的に広く知られているということも言えるでしょう。

サルパパ

ステータスカードとしての意義(かっこいい)

アメックス(アメックスグリーン)といえば、古代ローマ兵士のロゴですよね。

この兵士のロゴは百人隊の隊長、センチュリオン。センチュリオンのロゴは顧客の大切な資産を守り安心を提供するという意味で用いられていると言われています。

このロゴを含めたクレジットカードのデザインがカッコいい(カッコいいと長年頭に刷り込まれてしまっている)と感じる人は多いです。

また、兵士のロゴにまつわる物語を堪能しつつ、そんな物語に浸っている俺イケてる、そんなカードを所有している俺イケてる…みたいに思う人も一定数います。

これだけだと外面的なカッコよさと言わざるを得ませんが、当然、内面的なカッコよさも備わっています。それは、前項の

アメックスグリーンはお金持ちにとって便利でリーズナブルなクレジットカード…それゆえに、アメックスグリーンを利用しているだけで

アメックスグリーンを持つほどの人なのだからこの人は

  • お金持ちなのかもしれない
  • 凄い人なのかもしれない

というイメージを他者に抱いてもらえる可能性が高まります。

たかがかっこいいされどかっこいい。

アメックスグリーンのおかげで

  • ホテル・飲食店で従業員の対応が良くなる。
  • 異性の友達にアメックスグリーンで支払うところをみられてから接する態度に変化が。
  • アメックスグリーンを使うところを営業先に見られてから、組めばいい思いが出来ると思われ、自分の話に真剣に耳を傾けてくれるようになった。

これらは、アメックスグリーンのかっこよさが実際に利益を産む、考え得るケースです。

カッコいいというのは、自分のテンションが上がるだけではなく、実益もあるのです。

カッコいいことの優越感

わかりやすいカッコいいことのメリットはこれですね。

カフェ・レストランなどでこれでお願いいますとさりげなくアメックスグリーンを出す優越感。

こういう機会が頻繁にあるなら、そのたびに気持ちよくなれちゃいます。

対応・サービスが丁寧

対応・サービスというのは、必要最低限をクリアしていれば問題になることはありませんが、それでも、人間ですので、そこからさらに一歩上の評価を得る得ないには、説明しようのない違いがあります。

例えるならホテル。価格重視のビジネスホテルだと、無難でまぁこんなものだなという風に思ったり、不愛想でも最低限マニュアル通りにはできちゃっている人にイラっとしたり…そんなことありますよね。

これが一流と言われるホテルだと、お客さんの立場に立って心を入れた接客がなされますので、呟きと同様に、会話しているだけで幸せになれちゃうこともあります。

アメックスの対応・サービスも…クレジットカードということでホテルとは業界が違いますが、ホテルでいうところの高級ホテルの位置づけに近いということが言えるでしょう。

アメックスはワンランク上。そういう自負が全てにおいて出てると言えます。

サービス・対応でイライラすることなく、気持ちよくさせてもらえることは、生産性があることだといえます。

旅行の際に色々と便利・快適

オンライン旅行予約サイトでのお得・優待

  • カード会員様専用旅行予約サイト(アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン)を利用可能。
  • 一休.com:アメックスカード会員限定特典付の嬉しいプランあり。
  • 日本旅行:厳選された宿に泊まるプラン「特選の宿」が5%オフになる。
  • Expedia:海外のホテル8%オフなどアメックスカード会員様優待料金あり。
  • アップルワールド.com:世界約10万軒のホテルが最安値より更に5%オフで利用可能に。
ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク利用可

電話1本で海外・国内の旅行の手配

  • 国内・海外のパッケージ・ツアーやクルーズのご予約
  • 日本発着の国際線航空券、および国内線航空券の予約
  • 海外ホテルやレンタカーのご予約
  • 国内ホテル・旅館、レンタカー、JRチケットの予約
※パッケージ・ツアー以外の手配には別途手数料が必要となる。
などをしてくれる。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

空港ラウンジを無料で利用できる。

アメックスカードと利用当日の搭乗券があれば、国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名様と一緒に無料でご利用できる。

  • 国内:新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、羽田空港、成田国際空港、新潟空港、富山空港、中部国際空港、小松空港、大阪国際空港(伊丹空港)、関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島空港、北九州空港、福岡空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港
  • 海外:(ハワイ)ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、(韓国)仁川国際空港
ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

プライオリティ・パスに年会費無料で登録可。

プライオリティ・パスは国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを基本カード会員も同伴者も1回32米ドルで利用できるサービス。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

手荷物無料宅配サービス利用可

  • 海外旅行の際、出発時に自宅から空港まで
  • 帰国の際、空港かご自宅まで

アメックスカード会員1人様につきスーツケース1個を無料で配送してもらえる。

サービスを受けることが出来る空港は成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港。

自宅⇔空港を大きなスーツケースなしで過ごせますので、電車の中で肩身の狭い思いをしなくても良くなるサービスです。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

大型手荷物宅配の際、優待特典あり

海外旅行時、ダンボール・自転車等々大きな手荷物を預かってくれる「大型手荷物宅配」。アメックスカード会員1名につきJALエービーシーの公示価格より1,000円(税込)を割引となる。

対象空港となる空港は、成田国際空港・羽田空港(国際ターミナル)・中部国際空港。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

エアポート送迎サービスあり

海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社(MKグループ)の車をアメックスカード会員専用でチャーターして、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金にて利用できる。

対応している空港は、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港・羽田空港(国際線利用のみ)。

ただし、H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービスで国際航空券・海外パッケージツアーを購入した場合のみ利用可。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

便利な空港パーキング

空港からのアクセスが良好な場所で、旅行中の車を安全に預けることができる。アメックスカード会員専用の割引・優待特典もあり。

対象空港は成田国際空港・羽田空港・関西国際空港・福岡空港。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

無料ポーターサービス利用可

  • 出発時は空港の駅改札付近の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで
  • 帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで
専任スタッフが荷物を運んでくれる。

対象空港は成田国際空港(第1ターミナル、第2ターミナル)・関西国際空港。ただし、成田空港第3ターミナル利用の方は対象外。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

空港クロークサービス利用可

乗継便の待ち時間などに、空港内手荷物預かり所にて荷物を無料で預かってもらえる。
出発までの空港内での買物や食事などを身軽な状態でゆったりと楽しむことが出来る。

対象空港は中部国際空港。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

エアポート・ミール(国内線)特典

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクでエアポート・ミール(国内線)特典の対象となる国内線航空券を購入すれば、羽田/伊丹空港内の対象飲食店で搭乗当日に利用できるエアポート・ミール・クーポン(1,000円相当分)をもらえる。

ただし、搭乗日の1週間前までにH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで購入された羽田、伊丹発国内線航空券が対象。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

必要なときに自由に車を利用できるサービスでの優待(カーシェアリングサービス タイムズ カー プラス)

業界最大手、全国のタイムズ カー プラスのステーションでクルマを24時間いつでも借りられるカーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」。

アメックスのウェブサイト経由で申し込めば、通常1,550円(税込)かかるタイムズ カー プラス会員カード発行手数料が無料になる。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

海外旅行先での日本語サポート利用可

海外旅行先からでも気軽に日本語で電話対応してもらえる。

レストランの予約から医療機関の紹介など緊急時支援まで、世界中のほとんどの国から24時間通話料無料またはコレクトコールで連絡することが出来る。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

楽天カードにも海外旅行保険は付帯しており、それに関連する問い合わせには対応しているが、通話料金・サービス料金等々、このアメックスのサービスほど気軽に利用できるものではない。

海外用レンタル携帯電話の割引

海外用レンタル携帯電話をレンタル料半額(250円→125円/日)、通話料も通常の10%割引で利用できる。

対象空港は成田国際空港・関西国際空港・羽田空港(国際線ターミナル)。事前に電話予約申し込みする必要あり。

※アメックスカードで支払った場合のみ対象。
※レンタル携帯電話の万一の紛失などに備えABCの安心保障へ加入した方が良い。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

レンタカーの国内利用割引

以下のレンタカー会社で国内の利用に限って、基本料金から5%オフで利用可。

  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズ カー レンタル
ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。

トラベル・サービス・ロケーションあり

世界中のサービス拠点で旅をサポートしてくれる。利用の詳細については出発前に渡航先のトラベル・サービス・ロケーションを確認しておく必要あり。

ポイント
楽天カード(年会費無料)にはこのサービス・このサービスに類似したサービスはついてません。
海外旅行に定期的に行くという人にとっては、海外旅行を快適に過ごすための、痒い所に手が届くサービスが揃っています。

旅行に関するこれらサービスは一般的なゴールドカードレベルのものです。

逆に、私のように海外旅行に全然行きません…みたいな人には不要といいますか…宝の持ち腐れ感はありますけどね。

サルパパ

旅行保険に関して

旅行保険は、楽天カード(年会費無料)にも付帯していますが、内容に差があります。

楽天カード(年会費無料)

国内旅行保険

なし

海外旅行保険
  • 利用付帯
  • 補償対象;日本出国から3カ月後の12時までの期間
  • 傷害死亡・後遺障害:最高額:2,000万円(180日以内)
  • 傷害治療費用:1事故の限度額:200万円
  • 疾病治療費用:1疾病の限度額:200万円
  • 賠償責任保険金:1事故の限度額:2,000万円(免責なし)
  • 救援者費用:年間限度額:200万円
  • 携行品損害(免責金額3,000円):年間限度額:20万円(携行品損害は1個・1組・1対あたり10万円が限度。)

アメックスグリーン

国内旅行保険
  • 利用付帯
  • 傷害死亡・後遺障害:最高額:5,000万円(180日以内)
海外旅行保険
  • 利用付帯
  • 補償対象:最長90日。
  • 傷害死亡・後遺障害:最高額:5,000万円(180日以内)
  • 傷害治療費用:1事故の限度額:100万円
  • 疾病治療費用:1疾病の限度額:100万円
  • 賠償責任保険金:1事故の限度額:3,000万円(免責1万円)
  • 救援者費用:年間限度額:200万円
  • 携行品損害(免責金額3,000円):年間限度額:100万円(1旅行中最高30万円)
蛍光青マーカーのところが、2つのカードの金額面で差がある箇所(青マーカーしている方が高額)です。

これは純粋にスペックを数字比較するためだめのものですので、更に細かな条件に関しては各サービスの公式HPでご確認されることをお勧めします。

サルパパ

ショッピング&エンターテインメントについて

コットンクラブにて

東京・丸の内のエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB」には、アメックスカード会員限定の特典がある。

新国立劇場にて

アメックスカード会員専用の先行購入など様々な特典あり。

チケット・アクセス®

e+(イープラス)との提携により、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定で、様々なエンターテインメントのチケットを先行販売してもらえる。

人気のレストランを紹介

アメリカン・エキスプレスとグルメ情報ウェブサイトぐるなびが共同で開発したレスラン検索ウェブサイト(ダイニング・トレンド)。5つのライフスタイル別にレストランを紹介してくれる。

これら施設・これら施設に関連する趣味が生活にすでに入り込んでいる人とっては、嬉しい特典と言えるでしょう。

サルパパ

人とはちょっと違う感を演出できる

参照:国際ブランドのシェアについて
クレジットカード国際ブランドのシェアについて2015

引用元:https://www.businesswire.com/news/home/20160509005108/en/Nilson-Report-Releases-Global-Cards-Report-2015

普通、何も考えないならば、VISAカードをチョイスするもの…。

車で言えば、VISAはTOYOTAのような存在と言っても良いかもしれません。

VISAではなく、敢えてアメックス(アメックスグリーン)にするというところで、人とはちょっと違う感を演出出来ます。

ただし、クレジットカードですから、何故アメックスなの?と聞かれた時に

ただデザインがカッコいいから

ではかっこ悪いです。本コンテンツ内で解説しているアメックスグリーンの良さ・メリットを自分のモノにできれば言うことありませんが…。

えっ!?そうなの?アメックスグリーンの特徴・メモ

実は審査がそれほど厳しくない。

ステイタスカードとして一般的に認知されているのに実は審査がそれほど厳しくありません。

厳しくないと言っても、どんな人でも大丈夫というわけではありませんが。

正社員・派遣社員・契約社員・個人事業主等々雇用形態での縛りはなく、年収300万円くらいでお金に関するトラブル・事故を起こした過去がなければ十分に所有できる可能性があると言われています。

MEMO
ステータスカードと言えば、ダイナーズカードも有名。

ダイナーズは、過去に、医者・弁護士・一流企業の社員・社長・不動産の所有等々、厳しい審査基準があったと言われていますが、近年は、随分と審査基準が緩くなってきているという声が多いです。

アメックスも同じように言われることが多いです。

近年はファストファッションが流行するような時代ですから、そういった大きな流れのうねりの影響もあるのかもしれませんね。

そのような状況であるにも関わらず、いまだに、アメックス・ダイナーズのカードを見れば「おっ!?」と思ってくれる人がいるのもまた事実。

持ちたいと思っていたけど、持ててなかった人にとっては嬉しい時代と言えるかもしれません。

実はそこまで年会費が高くない

年会費は12,000円+消費税…月額に換算すれば1,000円。

金銭感覚に個人差はあれど、安定収入がある人にとっては、それほど高額とは言えないのではないでしょうか?

月1,000円なのに、時には、「素敵」、「凄い」と思ってもらえることがあるなんて…結構美味しいですね。

アメックスにも当然ランクはあるが…

アメックスのプロパーカードにも他のクレジットカードど同じようにグリーン(一般カード)の上にはゴールド・プラチナ、センチュリオンなど更に上があってそっちの方がステータスは上なんでしょ?そっちの方が凄いんでしょ?

  • アメックスグリーン:年会費1万2千円
  • アメックスゴールド:年会費2万6千円
  • アメックスプラチナ:年会費13万6千5百円
  • アメックスセンチュリオン:年会費36万7千5百円

だったら、アメックスグリーンで格好つけるのって難しくない?

という風に思う人もいらっしゃることでしょう。

しかし、大金持ちなのに敢えてグリーンカードを持ち続けている人もいるのです。

  • マイクロソフトのビルゲイツは、倹約家であることが有名。アメックスグリーンを利用しているという話があります。
  • 世界長者番付常連のウォーレン・バフェットも倹約家であることが知られていますが、彼にもアメックスグリーンという話があります。

そう…アメックスカード最大のメリットは…「利用に関して一律の利用可能枠を設けておらず、利用可能枠は、個々のカード会員利用状況や支払い実績により違うということ。」

しかも、これは、グリーン・ゴールド・プラチナ、センチュリオン…全てに共通しているということ。

地位も名声もお金も手に入れた人はこう考えるのかもしれません。

割引だ優遇だあるけど、使わなきゃ意味ないし、使いたい時にその分多く支払えばいいだけでしょ。限度額はグリーンでもセンチュリオンも変わらないんだからグリーンでいいじゃん!安いし得じゃん!

と。すでにステータスがある人にとっては、ステータス云々は不要なのでしょう。

このことを自らがアメックスグリーンを持つ理由とうまく融合させると、「合理的で頭がキレる大物感」を醸し出すことが出来ます。

逆にゴールド以上のカードに価値を見出すことが出来ずにゴールド以上を持っていると見栄っ張りということを露呈してしまうことなるリスクすらあります。

突き抜けすぎた人が、たどり着くのがアメックス…と言えるのかもしれません。

アメックスグリーンのデメリット

年会費がかかる

年会費無料のクレジットカードはたくさん出回っていますから、年会費がかかるということはデメリットといってよいでしょう。

しかしながら、年会費有料であることもステータスカードとしての価値を高めているとも言えるのですが…。

還元率はそれほどもない

アメックスグリーン基本の還元率はそれほど高いとは言えません。

アメックスのポイントプログラム(メンバーシップ・リワード)では、通常100円で1ポイント。

メンバーシップ・リワードのボーナスポイント・パートナーズ提携店でカードを利用すれば、通常のポイントにプラス1~9ポイントがもらえますが、利用機会は限定的です。

そして、アメックスの1ポイントは、0.3円に相当します。ゆえに、基本的には還元率0.3%と言ってもよいかもしれません。

ただ、年間3,000円をプラスすることで”貯まる”、”使う”の両面でポイントプログラムがアップグレードするメンバーシップ・リワード・プラスに加入することが出来、その環境下においては、還元率はもう少し良くなる。多くのクレジットカードサイトではそれでも~1.0%と言う風に書かれていることが多いです。

  • 楽天カードは、還元率1.0%
  • リクルートカードは、還元率1.2%

両者とも年会費無料ですから、ポイント還元において、両者がアメックスグリーンよりも得できることは明白です。

ただし…この2枚のカードには、それらカードによる利用限度額がありますよ。

お金持ちさんはけた違いですからアメックスグリーンじゃないとすぐ限度額になってしまって満足できないかもしれませんよ…と言う話ですね。

還元率はそれほどではないし、年会費は有料だし…ですので、ガチガチの倹約家さん、アメックスのメリットに魅力を感じない人とっては、あまりいいカードとは言えないかもしれません。

サルパパ

こういう人がアメックスグリーンに申し込む。申し込むことが自然。

これからアメックスグリーンに申し込んでカッコつけようと考えている人は、以下のいずれかのパターンに自らを近づけることが出来れば、自然なカッコよさを演出することが出来ます。

サルパパ

今まで現金派だった裕福さん

今まで現金派だった人が…現金支払い、買い物をする際に、クレジットカードが無いと不便だと感じたら…更には、楽天カードのような所有者が多いクレジットカードは、限度額が低すぎて不便だと感じたら…

”利用可能枠が個々のカード会員利用状況や支払い実績に応じて異なる”…しかもそれを月≒1,000円で持つことが出来るアメックスグリーンは、めちゃ便利なカードだ!…と言う風になりますね。

海外に頻繁に行くので付帯してるサービスに価値を見出せる人

先述してますが、アメックスは頻繁に海外旅行に行く人にとって価値のあるありがたいサービスが多々付帯しています。

  • 海外旅行保険分厚くして置いて安心感を得ることが出来る。
  • 海外への航空券・ツアー代金などは高額だから、アメックスの個人に応じた限度額でないとすぐにカードが利用できなくなる。
  • 海外でのショッピングで限度額に怯える必要がない。
  • 空港のラウンジで快適に過ごすことができる。
  • 荷物に関する快適なサービスを利用できる。
  • 海外旅行保険も付帯(利用付帯)している。
  • 日本語サポートサービスが充実

など。海外旅行が趣味な人にとってはアメックスグリーンを持つべき自然な理由が満載。

海外に頻繁に行く人ならば、そのたびに、快適なラウンジで過ごすことができ、手荷物関連で快適に過ごすことが出来、万が一の時の保険にも厚みをつけて安心感を得ることが出来る…。

月1,000円程度でこれだけ快適に過ごせるなら、付帯サービスだけでも月1000円以上の価値がある…とさえ考える人もいるのは自然なことで、そのような人たちからすれば、アメックスグリーンはガチで便利でリーズナブルな素晴らしいカードという位置づけになるのです。

お得・優待系サービスに価値を見出せる人

先述しているショッピング&エンターテインメントにおいて、アメックスの特典を純粋に役立てることが出来る人。

チケット・アクセス®、新国立劇場で先行購入ができるのが便利で助かってる。

みたいなケース。こういうケースに当てはまるイコールそこそこ裕福…ということにはなりますが…。

こういう人はアメックスグリーンは不向き

海外に縁がない

海外に縁がないとアメックスで得られるメリットの多くを得られないということになります。

アメックスの優待サービス対象を利用する機会・習慣がない

アメックスの優待サービス対象を利用する機会・習慣がない、もしくは、そういう機会・習慣を今後、見いだすことが出来ないという人。

それほどの金額をクレカで利用しない

お得さだけなら、カード毎の利用制限はあれど、他に良いカードがありますので、そちらの方が良いとなります。

節約志向・得することがクレジットカードには最も重要だと考えている人

年会費が有料である地点で、一定の消費を前提とした便利・得を提供しているカードということになります。

年会費無料のカードならば、年会費が出ていくことはありませんので、使わなきゃ損・利用しなきゃ損というシチュエーションが生まれることはありません。

ビジネスで利用する場合

私は、ほぼ自営業(実際は一人社長)ですので、アメックスが便利だなという風に思うシチュエーションには何度も遭遇しています。

仕事で他者に報酬を支払うというケースがあるのですが、数年前、その数・金額が多くて、所有しているクレジットカードのほとんどが利用限度額いっぱいに迫ってしまったことがありました。

当時は、アメックスのことを知らず、別のカードを数枚新たに作ることで対応しました。

  • 限度額いっぱいになって、使えなくなることの面倒くささ
  • 支払う先にそのことを説明しなきゃいけない恥ずかしさ
  • 支払う先が疑心暗鬼になってしまうリスク

これらを抱えていました。

しかし…あの時アメックスが一枚あれば…それだけでこれらの全ては解決していたのにな…と思いだされます。

今は、当時のような支払いをする機会はないので必要に思うことはありませんけどね…。

ちなみに仕事・ビジネス向けにクレジットカードを作りたい場合、アメックスには、ビジネスカードというのがあり、そちらを申し込むことになります。

ビジネスカードではない通常のアメックスカード(個人カード)との違いは機会があれば、別記事にて解説させていただきますが、クラブオフという各種割引優待を受けることが出来る会員制サービスの会員に自動的になれるなどビジネスカードならではのメリットもあります。

アメックスグリーンのメリットについてまとめ

アメックスがなぜステータスカードと言われるのか?それは

お金持ちさんにとってはアメックスグリーンは純粋に便利でリーズナブルな素晴らしいカード。

だからお金持ちが持っている傾向が高くなり、その結果、自然とステータスカードというポジションに納まっているという風に考えることが出来ます。

お金持ちさんからすれば、アメックスグリーンはステータスを意識せずとも便利だからという理由で所有していることが多いカードですが、アメックスグリーンの便利さの面にメリットを見いだせない人がステータス目的で所有する際は、本記事を参考にし、所有しているメリットを前もって考えておき、アメックスグリーンにふさわしい人間になれればいうことありません。

アメックスグリーンは月1000円ですから、所有しようと思えば、比較的多くの人が所有することが出来ます。

しかし、「かっこつけたいから持っているだけ」と周囲から思われてしまってはむしろ恥ずかしい思いをすることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です