amazonで得できるクレジットカードは?おすすめは?お金を貯めたい人向け!たどり着いた驚愕の結論とは…?

amazonで購入した商品

ページ更新日18.09.18

なんとなくamazonでクレジット払いしちゃってます…そんな人結構多いですよね。私自身がそうです。

定期的に買い物で利用しちゃうamazon。節約しようと買い物を控えたとしても、結局、年間通じていくらかはamazonに使ってしまっている。amazonはそんな存在ですよね。

買い物を減らす、少なくすることを前提にする前に、するものと認めつつ、その状況でいかに得をするかがお金を貯めるには重要になってきます。というかそのことに最近気が付きました。

amazonでの買い物はゼロに出来ないなら買い物のたびに得をするべき。となれば、amazonで得できるクレジットカードを利用する必要があります。

なので、amazonでの買い物に使うことで最も得できるおすすめのクレジットカードはどれなのかについて調べてみました。すると、驚愕の結論にたどり着くことになりました。

amazonでの買い物にしか得がないクレジットカードでも持つ価値がある理由。

amazonはもはや生活に入り込んでいて排除するのは困難。

どんなに節約しても年に数回はamazonで買い物しちゃうわけですから、ならば、その度に得できるカードがあった方が良いとなります。

年会費無料のクレジットカードなら家で保管しておくだけで良い。

amazonで得できるカードが年会費無料のモノなら、持っておいて損はなく、得しかありません。

得だけど、利用しないカードなら年会費無料でも不要ですが、amazonは利用しなくなることなんて考えられませんからね。

ならば利用毎に得しようと考えるべき。ただお金を使うだけじゃ勿体ないですからね。

サルパパ

amazonなんだからアマゾンのクレジットカードが一番なんじゃね?という疑問を解決!

amazonで買い物することを考えるんだったら、amazonのクレジットカードが一番良いに決まってるのでは?と安直に思ってしまう人が一定数いるのではないでしょうか?私も最初そんな風に思ってました。

マジマジとみていくと、色々なことが見えてきます。

Amazon Mastercardクラシック

  • 年会費:初年度無料、翌年以降1,350円(税込)。ただし前年度1回以上のカード利用で無料になる。
  • 国際ブランド:マスターカード
  • 資格:満18歳以上(高校生除く)未成年は親権者の同意が必要。
  • amazonでの買い物でつくamazonポイント:Amazonプライム会員は2.0%、Amazonプライム会員以外1.5%
  • amazon以外での利用での還元率:1.0%
  • Amazonポイントの利用について:Amazon.co.jpで1ポイント1円からご利用可。
など。

Amazon Mastercardクラシックは、それなりのカードといえるが、年会費はハードルの低い条件とは言え、それなりに精神的プレッシャーはある。ほぼ損なしだとしても持ってて絶対に損なしとは言い切れないですよね。

amazon.co.jpでamazonポイント1円から利用できることは便利ですが、還元率は別のクレジットカードと比較した場合、amazonのカードであるがゆえに圧倒的に高いというレベルではないです。

Amazon Mastercardゴールド

  • 年会費:通常10,800円(税込)。初年度マイ・ペイすリボを選択すれば5,400円(税込)。翌年以降、マイ・ペイすリボ継続なら5,400円(税込)、更にWEB明細書割引を選択可(税込1,080円引き)、最安年会費4,320円(税込)
  • 国際ブランド:マスターカード
  • 資格:原則、満20歳以上で本人に安定継続収入のある人
  • amazonでの買い物でつくamazonポイント:一律2.5%
  • amazon以外での利用での還元率:1.0%
  • Amazonポイントの利用について:Amazon.co.jpで1ポイント1円からご利用可。
  • Amazonプライム特典使い放題:
  • 急ぎ便・日時指定便を追加料金無しで何度でも利用可。人気映画・TV番組が見放題(アマゾンプライムVOD)。音楽の聴き放題。など。
など。

ゴールドというだけあって年会費はそれなりの金額。Amazon Mastercardゴールドはマイ・ペイすリボを選択すれば年会費がおよそ半額となるが、リボ払いのデメリットを考えると筆者はおすすめしない。

なぜなら、本記事は、お金を貯めたい人向けの記事だからだ。リボ払いによる手数料を支払うことになるし、かといって、amazon利用頻度を落とそう(節約)とすればカードのうまみが減り、下手すれば持っているだけで損することにもなる。

「急ぎ便・日時指定便を追加料金無しで何度でも利用可。」、「アマゾンポイント一律2.5%」というのは、たくさん買い物をすることを前提とした人が嬉しいサービスである。年会費有料なので、誰もが得できるサービスではない。

少なくとも、お金を貯めたいと思う人の努力を後押ししてくれるサービスではない。

ただし、言及しないわけにいかない点がある。それは、primevideoの存在だ。primevideo自体は、月額400円、年間プランだと3,900円というサービスだが、このサービスは、VODサービスの中では最安サービスと言っていいほど安いサービス。

  • hulu:月933円(税抜)、年間プランなし。
  • U-next:月1,990円(税抜)※毎月1200円分ポイントがチャージされる。年間プランなし。
  • primevideo:月400円(税込)。年間プランだと3,900円(税込)。

Amazon Mastercardゴールドの通常の10,800円(税込)を1か月に換算すると900円。huluより安いです。

huluもしくはU-nextユーザーでamazonを利用することがそれなりにあるという方は、Amazon Mastercardゴールドに乗り換えた方が安上がりだしそれだけでなく、年会費有料のカードの恩恵まで得ることが出来るとなります。

VODと一口にいっても、作品数やサービス内容は多少異なっていることだけはご承知おきください。

amazonカードは基本的にamazonでのお買い物をたくさんしてくれる人のためのカード、たくさんお買い物をしてもらえるように促すためのカードという側面がありますね。

そもそもamazon自体、生活必需品以外の買い物の率が高いですから、その流れに乗るのは良くないように思います。特にゴールドカードはそうですね。

お金を貯めたい、節約したいという向けのamazonで得できるクレジットカードというのは他にあります。他で探す方が良いです。

そういう人は、特典が多少低く、少なくなってしまってたとしても、購入のプレッシャーを感じることなく、それでもそれなりに還元率が高く、他の生活必需品系の消費と共有できるクレジットカードを利用すべきです。

サルパパ

amazon利用頻度を抑えて節約したい!でも利用する時は得したいという人におすすめしたいクレジットカード

オリコカード・ザ・ポイント

  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:マスターカード、JCB
  • 資格:満18歳以上(高校生除く)
  • 還元率:常に1.0%以上
  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップします(ただし上限は5,000ポイント)
  • オリコモール経由(amazonもあり)での買い物で通常のオリコポイント獲得分に更にプラス0.5%分加算。
  • iDとQUICPayの2種類の電子マネー搭載。
まず、年会費が永年無料であること、この地点で持っていて損することはないクレジットカードである。

にも関わらず、還元率が高い。

  • 入会後6ヵ月間はオリコモール以外の買い物で2.0%、オリコモールなら2.5%の還元率。
  • 入会後6か月が過ぎた後でも、オリコモール以外の買い物で還元率1.0%、オリコモールなら1.5%の還元率。
オリコモールにはアマゾンだけでなく楽天市場、Yahoo!ショッピング、BELLE MAISON,じゃらんnet、楽天トラベル、ビックカメラ.com、ZOZOTOWNなど約600のショップがある。オリコモールの中で手に入らない商品はほぼないでしょう。amazon以外での買い物でも還元率1.5%ポイントを貯めることが出来る。

たまったオリコポイントは

  • amazonギフト券:500オリコポイントで500円分に交換可。
  • iTunesギフトコード:500オリコポイントで500円分に交換可。
  • nanacoギフト:1000オリコポイントで1000円分に交換可。
  • ガスト・ジョナサンなどすかいらーく優待券:5000オリコポイントで5000円分に交換可。
  • WAONポイント:1000オリコポイントで1000WAONポイントに移行可。
  • Tポイント:1000オリコポイントで1000ポイントに移行可。
  • 楽天スーパーポイント:1000オリコポイントで1000ポイントに移行可。
  • Pontaポイント:1000オリコポイントで1000ポイントに移行可。
交換、移行できる先が豊富。

これだけ見れば、はっきり言って得しかない。なんで作らないの?ってなるカードです。「オリコカード・ザ・ポイント」名前にザ・ポイントとつくだけのことはあります。買い物に最適化されたクレジットカードといえます。

ただし、注意しておくべきことも。

オリコポイントは500ポイントから使用可能。オリコポイント有効期限はポイント獲得月を含めて12ヵ月後の月末。
※オリコポイントの有効期限についてはオリコポイントゲートウェイ「オリコポイント照会」でいつでも確認することが出来る。

MEMO
(オリコポイントカード獲得、消失の詳細・例)

500ポイントを得ようと思ったら還元率1.5%だとすれば、約33,334円使わなければいけません。しかもそのポイントは有効期限が12か月なのです。

1年で約33,334円買い物できない場合、例えば300ポイントしか貯めることが出来ず1年が経過してしまうとポイントを失効してしまうのです。ただし、ポイントは月ごとに算出されます。

2018年1月に100ポイント、2018年7月に200ポイント獲得したとしたら、2018年1月の100ポイントの有効期限は2019年1月31日まで、2018年7月の200ポイントの有効期限は2019年7月31日まで。

2018年1月に獲得した100ポイントを消失させないためには2018年8月~2019年1月中に200ポイントを獲得し、合計500ポイントにして、ポイントを何かしらに使わなければならないということ。

ポイントのために消費しなきゃと苦しめられてしまってはいけません。ただし、年会費無料なのでカードは使わなければ何の損もありませんし悔しい思いをすることもありません。

オリコモールの中では、トイレットペーパー、ティッシュペーパー等の生活必需品も購入できます。楽天なんかに普通に売ってますよね。生活必需品をオリコポイント500ポイント得れる金額になるようにまとめ買いしてよく利用する何か(WAONポイント、Tポイント等々)に移行させるなどすれば、効率的に無駄なくポイントを消費することができます。ただし、送料無料かどうかだけはキチンとチェックする必要があります。

他にも旅行の際は、オリコモールを経由してじゃらんnet、楽天トラベルを利用するなどすればまとまったポイントを獲得することが出来るなど、600の様々お店があるので色々と使い道はあります。

アマゾンといえば、何かしらのモノですが、600もお店があれば、旅行のような無形の商品もあります。アマゾンに限らずですから、無理なくポイントを貯めやすいです。

JCB CARD WとJCB CARD plus L

  • 年会費:共に無料
  • 国際ブランド:共にJCB
  • 資格:共に18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある人。もしくは高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の人。※一部お申し込めない学校あり。
  • 使用の際付くポイントが通常のJCBカードの2倍。
  • 還元率:1%、ただしJCBオリジナルシリーズパートナー(スターバックス・セブンイレブン・アマゾン・エッソ・モービル・ゼネラル)での利用ならば更に優待店ボーナスがある。
  • 優待店ボーナス&「JCBプレもOki Dokiチャージ」選択でポイント交換した場合、還元率は、スターバックスなら5.5%、セブンイレブン・アマゾンは共に2.0%、エッソ・モービル・ゼネラルは1.5%となる。(優待店ボーナス込みで算出)
違いは一言でいえば、「JCB CARD plus L」には「JCB CARD W」に付帯しない”女性にとってうれしい付帯”が多数あるということ。それ以外は基本的に同じです。女性にとってとありますが、申し込みの資格的に男性が「JCB CARD W」に申し込むこともできるようです。

Oki Dokiポイントの期限は2年。オリコポイントより1年余裕があります。

オリコカード・ザ・ポイントに比べると、サービスの横のつながりの面でやや乏しいように思えるが、スタバの還元率は凄く、amazon関係なしにスタバ愛好者はもっておくべきカードですね。

また、目を見張るほどの還元率ではないが、「JCB CARD WとJCB CARD plus L」が通常のJCBカードのポイント2倍というのは無視できないですね。

また、アマゾンに限定すれば還元率2.0&非常に高いので、アマゾンユーザーにはピンポイントでおすすめできるクレジットカードといえます。年会費無料ですから損することもありません。

更に年齢制限があるので…申し込める人はとりあえず申し込んでおくのが良いです。ちなみに私は年齢オーバーで申しこめません。非常に悔しいです。

amazonで得できるおすすめクレジットカードについてまとめ

お金を貯めたいなら、原則としては余計な出費をしないのが一番です。特にamazonでの買い物の生活必需品率は低いです。割引や特典のために買い物をついつい多くしてしまっているというような利用の仕方では本末転倒、お金はたまらず結果損していると言わざるを得ません。

最初に、節約・買い物を控える前にもはやゼロにすることが出来ないamazonでの買い物で特になるために体制を整える必要があると書きましたが、体制を整えたら、次にすべきは余計なモノを買わないということ。

余計な出費よりも得するクレジットカード選びが大事ということをではなく、両方大事だということ。そしてクレジットカードの魅力にとりつかれないようにしましょうということ。

  • amazonで年間いくら買い物をしているのか
  • 普段ポイントが付かない、もしくはamazonでの買い物よりも還元率の低いお店でしている買い物(日用品等)をamazonに変更した後の年間利用額はいくらか?
この2点を確認した上で、適切なクレジットカードをチョイスすると良いでしょう。

amazonに限らずですが、特典や割引に踊らされるのが得策ではありません。ポイントを得ることが出来ても、お金を貯めることが出来なければ何のために得するクレジットカードを探しているのか…?

目的を忘れずミイラ取りがミイラにならないように。

amazonが便利なのは疑いようのない周知の事実。利用する機会をゼロに出来ないことを受け入れた上で得するクレジットカード利用体制を整え、その上で節約を心がける。

これこそがお金を貯めたい人のとるべきamazon、クレジットカードとの付き合い方といえます。

それら全てを踏まえて、クレジットカードを選ぶなら、

  • オリコカード・ザ・ポイント(年会費無料)
  • JCB CARD WもしくはJCB CARD plus L(年会費無料)
新たに2枚持つのがベスト。還元率で比較すれば、最初の6か月は「オリコカード・ザ・ポイント」のほうが良いですが、それ以降は「JCB CARD WもしくはJCB CARD plus L」の方が良いです。

なので、その時に良い方をチョイスすると良いでしょう。そして…使わなくなったカードは、とりあえず家で保管しておけばいいのです。何かで使えるようになることがあるでしょうから。そもそも持っててもお金かかりませんから。

そもそも私の場合だと、「JCB CARD W、JCB CARD plus L」には年齢制限でアウトで申し込めませんので、オリコカード・ザ・ポイント択一なんですけどね。

「JCB CARD W、JCB CARD plus L」申し込める人は今しか申し込めませんから、とりあえず作っておくべきです。

amazonで使っているクレジットカードに関するアンケート実施

「amazonで使っているクレジットカードは何ですか?」、「なぜそのクレジットカードを使っているの?」…50人にアンケートに答えてもらいました。

MEMO
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国20~50代男女30名
  • 調査期間:2018年4月

アマゾンで利用しているクレジットカードの名称を教えてください。

楽天カード:12名

  • 20代女性OL|楽天のポイントを貯めているので。あと生活費関係の支払い用のカードで使用しているため。
  • 40代男性事務職|ショップ関係なく楽天ポイントが貰えるので、このカードを利用しています。
  • 20代女性会社員|持っているクレジットカードは楽天VISAカードだけなので、これ以外に選択肢がないからです。
  • 30代男性サービス業|申し込み時に5000ポイントが付与されていてそれからずっと使っています。年収が低いためカードは2枚しか持っていません。もう1枚はガソリン給油専用です。
  • 40代男性会社員|楽天ポイントが貯まるので。
  • 40代女性専業主婦|ポイントが貯まるから。
  • 30代男性自営業|楽天ポイントを少しでも貯めるため楽天以外の場所(Amazon含む)でも楽天カードを利用している。楽天ポイントは利用できるシーンが多いので便利。
  • 40代女性専業主婦|ネットショッピングは、大体このカードに決めている。
  • 30代女性パート|よく楽天を利用するので、ポイントを貯める為。
  • 30代女性事務|メインでポイントを貯めているカードだから。
  • 20代女性専業主婦|なんでもこのカードを使用しているので。
  • 40代女性専業主婦|楽天ポイントを貯めているから。
楽天カードだけは圧倒的に多いですね。これはアマゾン云々関係なく、持っている人が多いカードということでしょうね。

楽天での買い物なら還元率3%になりますから、インターネットショッピングモールの王者ともいうべき楽天を頻繁に利用する人の多くが所有してて、amazonの時もそれで…という人が多いっぽいですね。

それだと楽天ポイントはたまりますが、還元率は1%。

サルパパ

三菱UFJニコスカード:3名

  • 40代女性専業主婦|独身時代から使い続けている慣れているカードだからです
  • 30代女性専業主婦|これしか持っていないのと、ポイントがたまるから。
  • 40代女性専業主婦|一定金額を買い物すれば、1年に一度キャッシュバックがある。ポイントが貯まるカードも良いけれど、ポイントを使用するために買い物するようになるので、現金で銀行口座に戻ってくる方が良い。

Amazon Mastercardクラシック:3名

  • 40代男性会社員|1.5%還元だから。
  • 30代女性パート|ポイント還元率が高いので使っています。
  • 30代女性ライター|ポイントがかなり貯まりやすいから。

三井住友VISAカード:2名

  • 30代男性自営業|メインバンクだからです。
  • 40代女性会社員|何枚かクレジットカードを所持しているが、それらは主に特定の店のポイント稼ぎに使用しており、メインで使用している(ポイント以外の特典が大きい)カードがこれだから。

dカード:2名

  • 30代女性事務職|dポイントを貯めたいからです。
  • 30代男性会社員|普段使用しているクレジットカードであるから。

ジャパンネット銀行 VISAカード:2名

  • 50代男性自営業|手数料も要らず、Amazonお急ぎ便も使えて、銀行系なので信用できるから。
  • 50代男性自営業|決済が早く、ポイント還元率も良いので。

イオンカード:2名

  • 20代女性専業主婦|使用しているカードは1枚に絞っているのと、イオンのポイントが付きやすいから。
  • 30代女性専業主婦|Amazonで初めてクレジットカードを使ったときに持っていた、唯一のカードだったから。

その他1名のみの意見

  • 千葉銀DCカード:40代男性会社員|この一枚しかカードを持っていないから
  • 天満屋visaカード:30代女性専業主婦|それしかないから。
  • セゾンアメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック:50代男性フリーランス|クレジットカードは、それしか持っていないから。
  • セゾンカード:30代女性事務職|永久不滅ポイントが貯められるからです
  • セゾンパールアメリカンエキスプレスカード:40代男性自営業|年に1回以上の利用で、翌年度の年会費が無料になります。簡単に登録できるためです。
  • セブンカードプラス JCB:20代女性サービス業|買い物をするとnanacoポイントが貯まり、普段セブンイレブンなどを利用することが多いのでポイントを貯めたいためです
  • マスター(ビューカード):50代女性アルバイト|・メインバンクのカードのため・リボ払いがあるため
  • みずほセゾンカード:30代男性フリーランス|それしか所有していないため
  • みずほマイレージクラブVISAセゾンカード:40代女性パート|一番最初に登録したクレジット時カードをそのまま10年以上使用しています。
  • ゆうちょクレジット:20代女性会社員|まとめての支払いのためにamazon以外での買い物などにも利用しているから
  • ルミネカード:20代女性会社員|実店舗はルミネをよく利用していることに加え、ポイントの商品券への還元率がいいため、ルミネ以外の買い物もすべてルミネカードを使用しています。
  • 愛銀DCカード:50代女性専業主婦|ポイントを貯めているから。
  • UFJカード(VISA):40代女性パート|日常で一番使用頻度の高いカードだから。
  • Visaデビットカード:30代男性無職|家にいるまま支払い可能だから。
  • Yahoo JAPANカード(JCB):40代男性会社員|ポイント還元率が高いため。キャンペーンのときは100円につき3ポイント付与されるときがあります。
  • オリコカード・ザ・ポイント:40代男性会社員|どのカードがお得か調べた結果このカードが一番お得らしいので。
  • オリコカードアイディクイックペイ:30代男性自営業|これしか所持していないため
  • コメリカード:30代男性会社員|これしかカードがないため
  • JALカード:20代女性会社員|マイルが貯まるから
  • JCB EIT:40代|男性無職|そのカードしか持っていないから
  • Pocket Card P-one Wiz:30代|男性会社員|商品を1%引きで買うことができるから。
  • SMBCデビットカード:40代女性専業主婦|他にクレジットカードを作っていないので。
  • au WALLETクレジットカード:30代 男性会社員|メインカードとして、利用しているためです。

50人中49人に共通していたこと…それは、amazonには今持っているクレジットカードをとりあえずと利用しているということ。50人の中で1人だけ、amazonで得するクレジットカードはどれかを調べた上で所有し、利用している人がいました。

その方が赤字のオリコカード・ザ・ポイントの方。すでに解説済ですが、オリコカード・ザ・ポイントならオリコモール経由のamazon利用で還元率1..5%。

他のクレジットカードは…全て何らかのサービスにおいては他のクレジットカードに負けないというウリがある場合がほとんどですが、amazonでの買い物で得かどうかと言われれば、普通というケースが多いです。還元率でいえば0.5%…良くても1.0%まででしょう。

オリコカード・ザ・ポイントはamazonに限らず、得できるシチュエーションが多く便利なので持っておいて損はないクレジットカードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です