エポスカードゴールドのインビテーションが来ないはずの時期に来た!還元率・ラウンジ等エポスゴールドカードのメリットとは…?

エポスゴールドカードへのインビテーション

エポスカードゴールドのインビテーションをもらうためにコツコツ利用していた。まだ来ないだろうという時期(タイミング)で予定よりも随分と早くインビテーションが来た。

そのことについての詳細と還元率・ラウンジなどエポスゴールドカードのメリットを探るため、通常のエポスカードとエポスゴールドカードは何が違うのか徹底比較してみました。

サルパパ

エポスカードのゴールドは、年会費無料で持ち続けられる!だから…

エポスカードについて詳しくは以下のページで書かせていただいていますが…

筆者のエポスカード エポスカードはどう?キャンペーン・ポイント・還元率・優待など解説

エポスカードは私のような”見栄よりもお得・節約を重視”する人間にとって持っていて得しかないクレジットカード。

更に、ゴールドカードを年会費無料で持ち続けることが出来る数少ないクレジットカードの一つ。

節約志向で年会費を払いたくない私でも、ゴールドカードを年会費無料で所有できるというなら、所有してみたい…ということで、2018年5月にエポスカードに申し込みをした。

そして、そこから、ゴールドカードのインビテーションをもらうために、エポスカードを所有早々にエース格のカードにし、数か月を過ごしてきた。

エポスゴールドカードは、

  • インビテーション無しで所有する場合、年会費は5,000円。ただ、年間利用金額50万以上を達成すれば翌年以降永年無料
  • インビテーションからエポスゴールドカードを所有する場合、最初から年会費は永年無料

エポスカード公式HPでは説明されている。

この説明を参考にするなら、年間利用額50万円以上を達成すれば、インビテーションが来る可能性がある…そういう風に思えた。

年間50万円は月およそ4万2千円…ゴールドカードのインビテーションを目標に焦点を当てて工夫すれば不可能な数字ではない…。そう思ってコツコツとエポスカードでの支払いを増やすようにしていた。

まだ来ないだろうという時期で随分と早くインビテーションが届く。

  • 利用した金額は20万を少し超えたくらい…
  • カードが発行されたのは2018年6月
  • 初めてカード利用をしたのは2018年6月
  • 初めて利用料金の支払いをしたのは2018年8月

このような状態で2018年12月にエポスNetのマイページにログインしたら…エポスゴールドカードへのインビテーションが届いていた。

エポスゴールドカードへのインビテーション

  • カードが発行されてから半年も経過していない
  • まだ20万円ちょっとしか利用していない

であるにも関わらずだ。これには驚きと喜びを覚えた。

はっきりとしたインビテーションの基準が明記されているわけではない。だからこそ、公式サイト上にある情報を目安に予想していたが、この時期・タイミングは自分にとってはあまりにも早かった。

もしかすると…利用ペース的に明らかに年間50万円を上回るという風に見てもらえたからかな?などとも想像してみたが推測の域は出ない。

しかし、この出来事は、決して公表されることのないエポスゴールドカードへのインビテーションの基準を推し量るのに貴重な材料となり得るのではないだろうか?

小難しく書いてきましたが、実際、凄く嬉しかったです。エポスゴールドカードはインビテーションからなら最初から年会費無料で持ち続けることができるので、アップグレードしない手はありません。

早速アップグレードの手続きをしました。

アップグレードの様子

手順1

「今すぐ年会費無料で申し込み(年会費永年無料)」をクリック。

エポスゴールドカードへのアップグレード手順1

手順2

エポスカード規約を読んで、「同意して申し込み」をクリック。

エポスゴールドカードへのアップグレード手順2

手順3

エポスゴールドカードへのアップグレード手順3-1

登録内容の確認を行う。項目は以下の通り。

  • カード番号:確認
  • 名前:確認
  • ご住所:確認or変更
  • 配偶者:選択
  • 住居費負担:選択
  • 生計(家計)を同一にする人数:選択
  • おつとめ先:確認or変更
  • 年収:確認or変更
  • カードのお受け取り方法:選択
  • オプションメニューの登録>いつでもリボのご登録:選択
  • ETCカード申し込み【入会金・年会費無料】:選択

全ての確認or修正or選択を行ったら「次へ(内容の確認)」をクリック。
エポスゴールドカードへのアップグレード手順3-2

手順4

内容を確認し、間違いがなければ「お申込み」をクリック。

エポスゴールドカードへのアップグレード手順4

手順5

ゴールドカード受付手続き完了との表示が出る。
エポスゴールドカードへのアップグレード手順5-1

同様の内容のメールも届いている。メールにも受付番号が書かれているのでこれを保存しておけばOKですね。
エポスゴールドカードへのアップグレード手順5-2

エポスゴールドカードが届く。

WEB上での手続きを終えてから数日が経過…。

「エポスゴールドカードへお切り替えのご案内」という封書が届いた。

エポスゴールドカードへお切り替えのご案内

エポスゴールドカードへお切り替えのご案内の中に入っていたもの。

中に入っていたもの…。

  • インビテーション
  • エポスファミリーゴールドについての案内
  • インビテーションについての説明
  • エポスカードの規約

でした。WEB上で手続きは一通り完了しているはずですが、リアルな書面も一応…といった感じのようですね。

その証拠に、その後、特に何もしていないのに、更に数日後に、別の封書が届き、そこにはエポスゴールドカードが入っていました。

エポスゴールドカードが入っていた封書

エポスゴールドカードが入っていた封書の中に入っていたもの。

入っていたエポスゴールドカード

ゴールドカードは無条件にテンションが上がりますね。

年齢がバレちゃうかもですが、ビックリマンシールでヘッドシールを手に入れたような…そんな興奮と喜びを覚えました。

しかも、年会費が無料なのですから…持っていて損はないですし、維持費に悩まされることもありません。

ただただ、良いことだけ。それがエポスゴールドカード。ありがとうの気持ちしかないですね。

エポスゴールドカードのメリットは…?一般のエポスカードと比較

多くのクレジットカードのアップグレードは、年会費が発生する、もしくは年会費が増す…いずれかの場合がほとんど。

しかし、エポスカードがエポスゴールドカードにインビテーション経由でアップグレードする分には、年会費は無料のまま。ですから、アップグレードには良いことしかありません。

とはいえ…どのように良いのか?は気になるところ。ここでしっかりとエポスゴールドカードと一般のエポスカードを比較していきます。

エポスゴールドカード 年会費無料のゴールドカードの致命的な欠点。年会費無料ゴールドカードはアレが出来ないことがある。

こちらの記事でさらっと比較していますが、今回は、エポスカードだけに絞ってがっつりわかりやすく比較していきます。

エポスゴールドカードは還元率に違いはある?

基本的な還元率が上がるということはありません。ですが、エポスゴールドカードの方が得なルールが新たにいくつか加わります。

エポスゴールドカードは有効期限のない永久ポイント

通常のエポスカードのエポスポイントは有効期限2年でしたが、ゴールドカードのエポスポイントは有効期限の無い永久ポイントです。

利用金額に応じた最大1万円のボーナスポイントあり

  • 年間50万円以上の利用で2,500エポスポイント(2,500円相当)
  • 年間100万円以上の利用で10,000エポスポイント(10,000円相当)
100万円の場合、1万円ということは…このボーナスポイントだけで還元率1%。更に通常のポイントも最低でも5,000ポイントは貯まっているわけなので、この場合、還元率は1.5%以上と言うことが言えます。

サルパパ

期間限定マンスリーボーナスキャンペーン!

エポスゴールドカード申込み月の翌月から3ヵ月間、月10回以上のエポスゴールドカード利用で毎月200エポスポイントがもらえる。最大3ヵ月間毎月達成すれば、合計600円相当のポイントが加算される。

毎日行くコンビニ、スーパーなどの支払いをエポスゴールドカードにするだけで月10回は十分クリアできる数と言えるでしょう。

「選べるポイントアップショップ」登録でポイント最大3倍に

300以上の様々なショップから、よく利用するショップを最大3つまでエポスNetから登録。そうすればエポスゴールドカード利用時のエポスポイントが最大3倍になる。
※原則3倍だが、「リボ払い」・「いくつかのショップでの利用」の場合は3倍未満となる場合あり。

ガス・水道・電気など公共料金にも対応しているから、定期的に絶対に引き落としがあるというところを登録するのも一つの手ですし、いつも良く利用するお店を登録するのも手ですね。

3倍ということは還元率で言えば1.5%に相当します。

サルパパ

エポスファミリーゴールド

ゴールド会員(プラチナ会員も)の家族は、年会費永年無料でゴールドカードに申し込むことができ、サービス・ポイントを家族で共有することが出来る。

それだけでなくファミリーボーナスポイントというものがあり、家族合計の年間利用金額に応じてポイントがプレゼントされる。

ファミリーボーナスポイントの詳細
★全員がゴールド会員の場合:家族合計年間ご利用金額が100万円以上で1,000P、200万円以上で2,000P、300万円以上で3,000Pプレゼントされる。

★1人でもプラチナ会員がいる場合:家族合計年間ご利用金額が100万円以上で2,000P、200万円以上で4,000P、300万円以上で6,000Pプレゼントされる。

家族のゴールドカードを年会費無料、初期費用無料で作ることが出来、家族もエポスゴールドカードの恩恵を得ることが出来ます。

それだけではなく、ポイントを共有し、ファミリーボーナスポイントまであるのは凄いですね。プラチナ会員がいた方が明らかにポイントは付きやすいですが、プラチナ会員は年会費無料ではありませんので、今回はプラチナの存在は敢えて無視します。

サルパパ

空港ラウンジの無料利用

通常のエポスカードにはないのがエポスゴールドカードにあるのがこの「空港ラウンジの無料利用」。

当日の航空チケットとエポスゴールドカードを提示すれば以下の空港のラウンジを無料で利用することが出来る。

|羽田空港|成田国際空港|新千歳空港|函館空港|仙台空港|小松空港|中部国際空港|大阪国際(伊丹)空港|関西国際空港|神戸空港|広島空港|松山空港|福岡空港|北九州空港|長崎空港|熊本空港|大分空港|鹿児島空港|那覇空港|ホノルル空港|仁川空港|ホノルルラウンジ|

同伴の方の利用には別途利用料金が必要となりますが、家族もゴールドカードに申し込んでおけば…夫婦で空港ラウンジを満喫…が可能です。

海外の空港は少ないですが、国内の空港の主要どころはきっちりと抑えてくれています。

この特典は、年会費無料のクレジットカードについているケースは極めて稀。エポスゴールドカードが年会費無料な極めて稀なカードであるが故の美味しいポイントです。

無料でこの特典を得られるのは嬉しいですよね。

サルパパ

旅行保険に関してエポスゴールドカードと通常のエポスカードとの違い

国内旅行に関してはエポスゴールドカードと通常のエポスカード共に無し。

海外旅行保険に関しては以下の項目において金額に違いがあります。両方とも自動付帯。

  • 海外旅行傷害保険(傷害死亡・後遺傷害)…通常カードよりゴールドカードの方が500万円多い最高1,000万円となっている。
  • 海外旅行傷害保険(傷害治療費用1事故の限度額)…通常カードよりゴールドカードの方が100万円多い300万円となっている。
  • 海外旅行傷害保険(疾病治療費用1疾病の限度額)…通常カードよりゴールドカードの方が30万円多い300万円となっている。

それ以外は同じ。

国際線・海外利用における便利なサービス・優待・割引

通常のエポスカードにはないのがエポスゴールドカードにあるサービス。

  • Visaゴールド国際線クローク(一時預かり):国際線を利用する際、通常料金より15%オフで手荷物を一時的に預かってもらえる。
  • Visaゴールド空港宅配:空港から自宅までの荷物の配送サービスを優待価格で利用できる。
  • Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル:海外モバイルWi-Fiルーターを海外でのモバイル通信料20%OFFで利用できる。
  • 海外カード紛失時の緊急カード発行無料:海外でのエポスカード紛失・盗難の際、無料で緊急カードを発行してくれる。

など。

エポトクプラザの中にゴールドカード限定の特別な優待あり。

エポトクプラザ自体は、通常のエポスカード会員も利用することが出来ますが、エポトクプラザの中にはゴールドカード限定の特別な優待があります。

マジマジと比較してみると、エポスゴールドカードは、通常のエポスカードよりも明らかに上であることがわかります。

その上、年会費が無料のままなのですから…やはりアップグレードしない手はありません。

アップグレードに関して、あるあるなのが、

「良くはなっているけど、年会費分を私は元取れてるのかな?問題」

なわけですが、エポスゴールドカードはそんな心配は一切ありませんね。

サルパパ

私のように、年会費には抵抗があるけど、ゴールドカードは持っておきたい…と言う人は是非、エポスカードをエース格のクレジットカードにしてみてください。

エポスカードなら年会費無料でゴールドカード所有者になることが可能ですし、本記事序盤の私のインビテーションが来るまでの顛末を見ていただければ一目瞭然だと思いますが、そんなに難しくないですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です